説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

ノエイン もうひとりの君へ 第16話

ちょっと、買い物とかあって更新遅れましたー。
詳しくは反応の方で。

★ノエイン もうひとりの君へ 第16話 「クリカエシ」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

作画監督サテライトってなってたりあたりから
総集編を交えつつの別次元での話かなーと思いきや
全然新規作画もあったし話的にも重要なポジションでびっくり。
ノエインはこういう所に隙がないというか本当に侮れないですね。

龍のトルクの能力を利用されかノエインの力かは知らないけど
ハルカが別の次元のハルカの体験をするというのは予想通り。
そしてここでノエインの正体あかし=ユウ。
まー、おおかたの予想通りなんだけど、いきなりそう言われてもしっくり来ないなぁ。
やっぱりまだ何か秘密がありそうで。

それにしてもカラスの経緯は完全に予想外だったなぁ。
ラクリマのハルカの力でシャングリラの攻撃からカラスの身を守り
カラスは現代のハルカの時空に飛ばされて雪降る中教会でハルカと出会う。
そのおかげでラクリマはハルカの時空を見つけたと言っていたけど
カラスの行動や態度を考えると1話で違和感ある箇所も。
未来が過去を変えるとかも出てきたりで物語がややこしくなりまくりですな(;´Д`)
まぁ、そんな所もノエインの魅力なワケですがー。

次回は舞台は現在の次元に戻るみたいだけど予告に気になる文字列が。
「シャングリラ人」ということはノエイン以外にもシャングリラに属する人が居るってことか。
これで、シャングリラがどういう次元なのか少しはわかってくるかな?

○Amazon


関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/199-94aaf35a

コメント

第16話 クリカエシ
PING:
BLOG NAME
カラスは無事に現代に戻れたものの、ハルカは時空の狭間に取り残されて近似値の一話の頃に。一話の頃といえば、ユウは完全に病んでしまっているなど、今から考えるとかな...

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99