説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

2008/11/10の日記

●日記

とらドラ!8-9巻読み\(^o^)/オワタ
スピンオフはまだ読んでないのでこの後読む。
8巻の終わりがアレすぎてすっきりするために9巻一気読みしたけど
更にモヤモヤが残ったのはなんでなんだぜ・・・。
しかも9巻出たのって先月じゃないかorz
1月はスピンオフ2だしアウアウ。

みのりんが可哀想とは書いたけど8-9読んだ後だと微妙かなぁ。
ただ1つ言えるのは、いつだって最も真実を見抜いていたのはばかちー。
それをストレートに表面に出すからずっとあんな態度だったのか。
みのりんは賢しかったけど、どうにか穏便に解決しようと
裏であれこれ手を回した結果、嫌な役回りになった感じ。
それでも自らをずるい女と言ったのは間違ってないと思う。
9巻でそれなりに決着はついてくれたのでみのりんは良し。
問題は亜美の方だよなぁ・・・。

そもそも、竜児と大河のそれぞれの好意に共通だったのは
どちらも相手にまぶしさに似たようなものを感じていたこと。
言い換えれば”憧れ”に近い感情だったのかもしれない。
竜虎コンビ。一緒に居て楽、というのは1巻から明白だったワケで。
恋心を意識していなかっただけで、大河は1巻からか?
北村は自分の色情沙汰には疎いけど他人には敏感だし
告白された時を回想しての台詞から大河の気持ちを悟ってたんだろうなぁ。

こうして最新刊まで読んでみるとアニメOPが興味深い。
プレパレードのサビの歌詞とかもストレートだよなー。
俺が思っていたように最終的にカップリングは単純明快。
でもそこに様々な思いが交錯して複雑怪奇になってる。

田村くんの時もそうだったけど主人公が
追い詰められていくのはこの作者の仕様なのかなー。
ただ、田村くんのように曖昧な終わりは無さそうなのが救い。
最初はただのラブコメだと思ってはいたけど
なかなかどうしてこういう修羅場な話はやっぱり好きだな。

過去の自分が3巻で切ったのは、3巻までであまり話が動かなかったから。
4巻以降の話は無駄な話が無いといっていいぐらい
徐々に、徐々に積み重ねられていってるんですけどね。
アニメではどこまでやるんでしょうね?
上記の通り、ぶった切れる所はなかなか無いんだよなぁ。
このペースなら、1クール終わり頃には文化祭の話だろうし
そこから4巻しかないからやろうと思えばやれる範囲。
でも7巻の話をやれば最後までやらざるを得ない気もする。
全25話でどう終わるのか想像がつかないなぁ。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1991-da8a03ba

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99