説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

ef - a tale of melodies. 第09話

★ef - a tale of melodies. 第09話 「return」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

OPは初期の色とは違う色になったけど
久しぶりにまともなOPを見た気がする。

優子は雨宮先生に連れ戻されたくせにまた後悔してるんかい!
そんな状態で再会してそのまま雨宮先生焼身自殺とか
なんだか釈然としないなぁ・・・。もし焼身自殺しなかったら
夕はどうやって優子を取り戻していかが気になるな。
言いたいところは「背負って生きていく」なんだろうけどね。
それでなくても言いたい文句はいくらでもあったはず。
まぁ、先生が夕のことを(一緒に死ねたはずで)羨ましがってので
最終的な結末はこうなるんだろうなーとは思いましたけどね。
さて、問題はこの後なわけですよ・・・次回以降どうなるんだろう。

現代では久瀬が相当追い詰められていて
自分で全て遠ざけたはずなのにそれすらも耐えられなく。
事が事で無ければものすごいヘタレっぷりだな。
遠ざけたことも自業自得なんで同情の余地も無いけどさ。
そんな久瀬にこのタイミングでミズキからの「果たし状」。
久瀬の涙はまだ諦めてくれてなかったんだという嬉し涙かな。

元々やる気十分だったミズキですが
新藤姉妹に渡されたそれぞれの音羽学園の屋上の鍵。
全ての物語や想いが集約していく感があって感慨深かった。
おそらく原作には無いシーンだろうしね。
ミズキは優子のことを知っていて手向けと言った。
そんなミズキに対しての夕の台詞「お前は・・・」で終わったけど
これに続く言葉はデモの「誰だ?」しか思いつかないんだけども。

EDで久しぶりに手を繋いでるシーンが復活してるけど
繋いでるのは幼いミズキっぽい子と誰だ・・・?
それと紙飛行機追加か。

過去編もクライマックスっぽいし物語も佳境に。
2つの物語がどう交錯していくのかがやっとわかる・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/2062-57cbce57

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99