説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

ef - a tale of melodies. 第11話

★ef - a tale of melodies. 第11話 「reread」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

かなり気合い入れて感想を書いてて
保存する手前って所でブラウザの×押してマジで涙目。
確か、efの感想で2回目ぐらいだよなぁ?このミス。
何か呪われてるんだろうか・・・
さすがに萎えたので想定していたより短めの感想に。

過去編は優子が亡くなった後に凪に屋上の鍵を渡して終了かな?
過去編から1部あたりの空白は埋まるんでしょうか。

ミズキの果たし状を受け取った久瀬は音羽学園の屋上に。
出会い頭にチェストー!吹いた、病人なのに!
ミズキが抱きつこうとした時に避けたり
アイキャッチがチェストー!だったり妙な所で笑いが。
この前の問い詰めの答えを全て用意したミズキは
「好きだから」「久瀬さんだから」と応えて
久瀬の最後の仮面が遂に砕かれた。
「ぶっちゃけ、私に惚れられたのが運の尽きなので、大人しく幸せになってください。」
という台詞は良いなぁ・・・ミズキ可愛いよミズキ。

しかし、久瀬は発作に倒れ一命を取り留めたものの
次発作が起きればもう後がないとミズキは宣告される。
それでも気丈なミズキは本当に覚悟してるんだね。
周りからパワーをもらっているという話の流れで
景は自分を後押ししてくれた優子のことを語る。
思えばミズキは優子と面識あるんだから=未来だわな。
となるとミズキと名乗ってるのに理由があるのか。
次回には判明してくれるかな・・・。

1部のキャラが優子に感謝をする流れから
1期の最後のOP(日本語ver)が流れたのは驚いたけど
一部カットやカラーが変わってる以外はそのままなので手抜きに(ry
OPが2回流れてるような感覚なので違和感バリバリですね。

久瀬はたとえ1秒でもミズキの側に居たいということで
成功率が低く、成功しても3年生きる確率が5割という手術を受けることに。
「夢を叶えるためには〜」のくだりがここで返ってくるとはね。
「この世に奇跡なんて無い。あるのは偶然と必然、そして誰が何をするかだ」
の台詞も使われ物語の集約を感じますねぇ。
EDではミズキはやっと久瀬と共に走ることが出来た。
歌詞のマッチングと今までの演出が極まってEDが一番泣きそうだったなぁ。
そういや写真に写っていたのは優子と夕と未来でした。
前回、優子と夕に面識が出来た時点で予想通りではあったけども。

Cパートではまたもや歌メインの演出はちょっとクドい気が。
1期のOP挿入といいラスト前の尺の調整だろうか。
さて、遂に2クール続いたefの物語も次で終わり。
後は手術後どうなったかと未来という由来ぐらい?
前々回の「お前は・・・」もずっと気になってるんだ・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/2100-348bbff7

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99