説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第14話

★機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第14話 「歌が聞こえる」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介】

新OPきたー・・・なんという裸祭。
00のOP2と同じくOPらしくない気がするけど
映像的にはマッチしてるしすぐ慣れそうかな。
OPを見た感じあまりヒントになりそうなものは無いかな。
雰囲気と裸のフェルトを楽しむOPですね、わかります。

いくら戦場ではぐれたとはいえ、刹那だけ別行動?
とはてなだったけどなるほどそういうことか・・・。
ネーナはここでも刹那に協力的だったけど何がしたいんだろう。
トレミーはイノベイターの奇襲を受けつつも
スメラギさんの機転で地上に不時着、しばらく航行不能。
久しぶりに出番のあったイアンはオイシイな(笑)

アレルヤはマリーが戦闘に参加することに事後承諾だったのか・・・。
珍しくアレルヤの機嫌が悪いように見えたけど
単に活躍の場が少ないからのように見えてならないぜ!
アニューはやっぱりライルとのカップリングになりそうな。
「位置を知られているのが気になる」という台詞が本当なら
やはり本人に自覚は無いイノベイターという線が強そうだなぁ。

ハーキュリー大佐は雰囲気がなんだか怪しいなー
と思ってましたが予想通りアロウズに批判的な人でした。
それだけでなく連邦内部でクーデターの動きという情報が。
ハーキュリー大佐はセルゲイ大佐を見越して話を持ちかけたんだね。
いつまでもセルゲイ大佐がアロウズにこき使われてるのを
見るのは忍びなかったけどこれで死亡フラグがより濃厚になった気も。

一方、元ユニオン勢はグラh・・・ブシドー専用MSを完成。
マスラオという如何にも名前と外見はさておき
00に対向するということは最低でも疑似GNドライヴのツインだよなぁ。
“隠し球”の存在が気になる所、トリプルかトランザムモドキか!?
ダブルオーライザートランザムと互角の速度はそれぐらいしか無いような。
もう1つの要求である、最強の剣の登場も楽しみですね。
剣と言えばダブルオーライザートランザムのGNソードIIは
かなりインパクトがあるのでそれぐらいのインパクトは欲しい。

相変わらずイノベイターに場所を突き止められるトレミー。
今回は描写無かったけどまたアニューに干渉したのかな。
久しぶりにアレルヤの出撃ktkr!とwktkしてたら
セラヴィーの後ろの顔ギミック発動のインパクトが強くて
終わった時にはアリオスの戦闘の記憶が無かったんだぜ。
直撃に見えたけどこれでイノベイターを1人倒したのかなー。

1人別行動になった刹那が地上でアリーと出会う。
アリーに案内された場所は刹那がOガンダムと出会ったあの場所。
そこに現れたのはイノベイターのリーダーリボンズ。
Oガンダムに乗っていたのはやっぱりリボンズだったのか。
神のように崇めていたガンダムに乗っていたのが
自らの意思で戦うことを選んだ敵、イノベイターの親玉とはショックだろうな。
更にはアリーに肩を撃たれそのままMS戦に。

精神的にも肉体的にもぼろぼろのはずなのにかつて戦った時よりも
断然有利に戦闘してるのは凄い。オーライザー様々ですな。
そして沙慈が居なくてもトランザム出来たのか。いらない子じゃないか!
絶妙なタイミングでダブルオーライザートランザムの例の現象発動で
周りに居る人にマリナの歌が聞こえる・・・。
アリーを始末出来ていれば楽になったのに思いっきり邪魔された気分。
それにしても「TOMORROW」という名前のこの曲。
作詞がsavage geniusのああ(と黒田洋介)じゃないか・・・。

次回は刹那がマリナの元にたどり着いて・・・。
マリナは刹那が戦うことを望んでいないし
刹那自身、リボンズのこともあり戦いに迷いが出そうですね。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/2156-69a862bc

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99