説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

ノエイン もうひとりの君へ 第23話

★ノエイン もうひとりの君へ 第23話 「オワリ」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ノエインがこうなってしまった理由が判明。
交通事故で親友と愛するハルカを同時に亡くしてしまった。
ハルカを探し、別の時空を渡り歩いてもそこには不幸しかないことを知り
狂ってしまった・・・と。
時空を操作する技術とかは不明だけどその結果
時空をすべて収束し、無に返すことによって一から時空を作ろうとするのがノエインの目的。
そのためにはハルカの龍のトルクも必須だったというわけですね。

やってることは大がかりなんだけどその起因がいまいち弱いというか・・・。
妹を失ってこうやって生きてるアトリが描写されてるから
尚更ノエインが弱い、器の小さなやつに見える。
まー、だからこそそれに耐えきれずに狂ったんでしょうが。

カラスと例の仏像の対決は再び劇画調で素敵だったなぁ。
後半は仏像ばっかりと戦ってるのが非常に残念。
前半のVSアトリやVSフクロウの方が見所でしたねぇ。

現代ではハルカの家が戻ってきてもうごまかし聞かない状況。
やっぱり普通に説明するんでしょうねえ。
そして雪恵ちゃん久しぶり!(笑)
マジックサークルは発動してしまい、トビとコサギは存在が不安定に。
ハルカパパの助力で進入はできたけど逆に返り討ちに・・・。
篠原の悪役っぷりが凄いなぁ・・・しかもこれは嫌みな悪だ(苦笑)

次回で最終回、サブタイは「ハジマリ」と順当というかなんというか。
ノエインのラストにふさわしいサブタイな気がしますねぇ。
オワリはハジマリのハジマリというか、時間系では定番のような。
微妙に23話の進行が遅かったのでラストきっちり終わるか不安ですが
どうやってケリつけるかが非常に楽しみですねー。

○Amazon


関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/220-bd46ebc2

コメント

ノエイン もうひとりの君へ第23話感想。
PING:
BLOG NAME
←アルとジル。確かこんなんだったかなーと思い出しながら描いてみたんですが(無謀な)描き終えた直後にビデオを見直したら思いっきり間違ってました。(待て)(ついでに...

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99