説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

2009/02/01の日記

●日記

「“文学少女”と恋する挿話集【エピソード】1」

いい加減、勢いで書いてしまおうということで。
ちなみに自分は未だにFBOnlineの方には手を出してなかったり。
どうせなら短編集2が出た後に未収録分読もうかなぁ、と。
バックナンバーもある程度残ってるみたいだしね。

全体的に短編集ということで、
全巻の中でも最も明るい雰囲気になってると思います。
心葉と遠子先輩メインの話が多いのは嬉しいけど
出番が殆ど無かったななせ、皆無だった千愛カワイソス。
流人の介入も少ないせいか平和的な話が多いですね。
本編終了後、暖かい気分で読める話なのが良いですよ。

以下、個別の感想。
出典とか題材が参考になるのでpediaのをそのままペタり。

・“文学少女”と恋する牛魔王【ミノタウロス】
(初出 『FBSP Vol.2 まかでみスペシャル』)

本編には出てこない、同級生の遠子先輩に恋する牛園たくみの話。
一人称視点がまったくの新キャラというのは新鮮ですね。
それと心葉がまだ1年の頃で、なおかつ文芸部に入ってあまり経たない頃。
主人公は牛園先輩ですが、ここでも目が行くのは心葉と遠子先輩なわけで。
心葉くんは、わたしのものよ!
もう遠子先輩最高すぎます・・・。

・“文学少女”の今日のおやつ 〜『更級日記』〜
(初出 『FB Online 2007.1号』)

文芸部のポストが置かれることになった裏話です。
ページにして10Pぐらいなので特にコメントは無いかな。

・“文学少女”と革命する労働者【プロレタリア】
(書き下ろし 題材:小林多喜二『蟹工船』)

書き下ろしその1。
これまた蟹工船という有名作品を題材に・・・。
本編よりもやりすぎっぽい感はあるんですけど
あとがきを見ると色々難しかったのかな、と。
この話の最大の見所は最後のページの
ある図書委員に対する「ごめんなさい」だよね(笑)

・“文学少女”の今日のおやつ 〜『万葉集』〜
(初出 『FB Online 2008.2号』)

心葉と遠子先輩の初めてのバレンタイン。
遠子先輩の想いを考えると打って変わって切ない話に。
「だって、義理だもーん」
どういう想いでこう言ったのか想像するともうね。

・“文学少女”と病がちな乙女【クロエー】
(書き下ろし 題材:ロンゴス『ダフニスとクロエー』)

書き下ろしその2。
今井果歩という遠子先輩の同級生が主人公の話。
牛魔王と同じようにこちらも視点が果歩先輩です。
実質、バレンタインの裏話になっていて心葉の出番無し。

・“文学少女”の今日のおやつ 〜『ムギと王さま』〜
(初出 『FB Online 2007.6号』)

本編でも多少触れた、
リボンを遠子先輩の代わりに心葉が木に結んだ話。
遠子先輩の最高の笑顔の挿絵が無かったのは惜しい!
それでも心葉にほほえみかける遠子先輩の笑顔が
すんなりイメージできるのは
いつもそんな笑顔を心葉に向けているからだろうなぁ。

・無口な王子【プリンス】と歩き下手の人魚【マーメイド】
(書き下ろし 題材:小川未明『赤いろうそくと人魚』)

書き下ろしその3。
美羽視点の美羽と芥川君の話。
芥川君が高校3年生なので時間軸は本編より後。
ちょっと成長した心葉やななせを見れるかと期待したけど
この話は美羽と芥川君ばっかりで残念です。
しかし、改めて美羽の可愛さがわかる話です。
基本的に性格が悪いのは事実なんですが
そんな中にふとした女の子らしさがあったり
異性を想う心が垣間見られるのが彼女の魅力かな、と。

・“文学少女”と扉のこちらの姫【レイディ】
(初出 『FB Online 2008.6号』)

麻貴先輩視点の遠子先輩との馴れ初めの話。
遠子先輩は入学したてからこんな感じだったんだなー。
麻貴先輩もこの頃から遠子先輩にガチだった、と(笑)
最初と最後に本編終了後の麻貴先輩の独白があり
遠子先輩のことをどう思っていたか知れたのは良かった。

・“文学少女”と浮気な預言者【ヨカナーン】
(初出 『FB Online 2008.7号』)

流人視点の学祭の裏話。
流人の話だけあって女性キャラが多いこと多いこと。
そして、流人が心葉と遠子先輩をどう思っていたかもわかる話です。
やっぱり最初は2人をくっつける気まんまんだったんですね。
麻貴先輩のメイドってこれか!
それと麻貴先輩との関係が多少描かれているので
生々しい描写が多少ある珍しい話ですね。

・“文学少女”の今日のおやつ 特別編〜『スノー・グース』〜
(書き下ろし 題材:ポール・ギャリコ『スノー・グース』)

書き下ろしその4。
遠子先輩の大学時代のお話。
手紙はストレートに心葉からということでいいんだよね?
会えなくなってやっと伝えられる思い。
本編最終巻を思い返すと切なすぎます。
挿絵で泣きそうになりましたよ・・・。

全体を通して様々な視点があったのがらしくなくて面白かったです。
欲を言えばもうちょっとななせの出番を・・・!
次はななせメインの話が多く収録されるはずなので
挿話集2が楽しみですよ!
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/2219-a618bfbf

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99