説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第17話

★機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第17話 「散りゆく光の中で」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

あぁ、やっぱり狙うのは軌道エレベーターなのね。
そしてそれを止められるのは単機で無双出来る
トランザムライザーに他ならないでしょう!
ここまでは軌道エレベーターが狙われるという仮定では
予想通りだったんですが予告がブラフだったとは。
あっさりとディバインが消滅したり
リジェネを生み出したのがリボンズなのも驚きました。
トランザムライザーのアレがGNソードIIかな?
多くの人がイデオンソードと思ったに違いない(笑)

今まで数々のミッションをこなしてきたCBですが
これほど大規模に失敗したのはアニメ内では初?
成功率が低い作戦を毎度成功させられるのは
ご都合主義に思えなくもなかったからたまには・・・ね。
軌道エレベーターはあんな構造になってたんですね。
だからハーキュリーがあんなに焦ってたのか。
外壁がパージされると自然とエレベーターに搭乗した人は
地面に真っ逆さま、空中衝突の大惨事・・・。

悲劇はまだまだこれからで、パージされた外壁が都市部に落下。
このままだと甚大な被害が起きることをスメラギさんは予測。
オープンチャンネルで全軍にその旨を呼びかけました。
作中でも言われてるけど、
こうやって人々が一つになっていくのは皮肉なもんです。
セラヴィーは広範囲攻撃ケルディムはビットのオールレンジ攻撃があるのに
アリオスだけちまちました攻撃しか無くて泣けたのは俺だけですか。
マリーの「守るための〜」という台詞だけはプラモ関係で出てたけど
なるほど、こういった登場の仕方ですか。

CB達に続いて、正規軍、カタロン、そしてアロウズまで一丸となり
空から振ってくる外壁を撃破してる姿は良かったけど
アンドレイがいつご乱心するかと思って怖かった。
案の定、事が終わった後に
不意打ちっぽく首謀者と思われる機体を撃破。
乗っていたのはハーキュリーでした・・・合掌。
一緒に居たセルゲイを共犯と勘違いしてアンドレイブチ切れ。
種のシンならここで種割れしてたことだろう(苦笑)
セルゲイのことを勘違いしたまま息子の手で父親を殺してしまった。
このシーンはマリーが庇いに入りそうな気もしたので
ドキドキしながら見てましたが・・・やっぱりフラグに忠実でした(;´Д⊂

次回、4ヶ月後とな!
マリーの顔がなんだか厳しくなっててソーマを思い返させられる。
なんだかアレルヤとの間に歪みが出来そうだ。
ハレルヤのこともあるしまだまだ油断できませんね。
4ヶ月後どうなってるかも気になりますがアニューのデレ顔に萌えた。
刹那はやっぱり後遺症アリなんですかねぇ。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/2220-a16edbe9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99