説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

ノエイン もうひとりの君へ 第24話

★(終)ノエイン もうひとりの君へ 第24話 「ハジマリ」 総合★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

最後までノエインはノエインでした。
テーマもそうだけど全体的な流れや雰囲気を一から損なうことなく
量子論を前面に押し出しつつも追いやすい内容でした。
最大のテーマはやはり「ノエイン」=「認識」
ラスボスのノエインもユウが否定=認識しなかったことによって消滅したし
ハルカが認識することによって世界は確定していったし。
全編を通して「認識」というテーマに沿って物語が流れていきましたねぇ。

今回も戦闘が燃えました・・・さすがラスト。
カラスVS仏像の物量戦に消耗しつつあるカラスに助太刀するアトリ。
ハルカを助けてやれというアトリが格好良すぎる・・・。
いきなり全開で光の巨神兵モードに。
ジャンプしては踏みつけたり凄い暴れっぷりだ(笑)
篠原のマジックサークル計画によって時空の収束が始まり
シャングリラがハルカ達の世界に侵攻。
それをも1人で止めるアトリ様は後半のMVPといっていいですね。
いやまぁ、最終的に打ち勝ったのはユウの力ですけども。

そして現代ではトビやコサギが奮闘。
トビは時空が不確定になった時に時空を確定させて「撃たれなかった郡山」さんが登場。
その郡山さんは「郡山に殴られる篠原」を殴り現代は解決。
コサギはラクリマのレイズシミュレーターを破壊し疑似観測者から解放。
それに伴い竜騎兵達もアオイユキになって消滅・・・切ないなぁ。
ノエインは結局道を誤ってしまったんだなぁ・・・。
カラスからもハルカからもユウからも否定されて最後は可哀想だった。
まぁ自業自得なんですが。

「時の放浪者」が誰なのかわからなかったり
龍のトルクがどうなったとか何故ハルカだったのかとか謎はそこそこ残っていますけど
全体的に綺麗に終われましたね。
最初に書いたようにテーマに沿ってここまで綺麗に終われた作品も久しぶりなような。
とりあえず今期終了作品ではエウレカ、舞乙(放送自体はまだ見てませんが)並んでベスト3は堅い。
というかこの3作品は俺の中では比べられない気がするなぁ・・・。
メッセージ性という面ではノエイン、エウレカ。
エンターテイメントとしては舞乙が抜けてる感じ。

○Amazon


関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/223-ca94be28

コメント

時の放浪者がウロボロスの輪の実体化であるような
描写のシーンがあったと思います。
ノエイン もうひとりの君へ第24話感想。
PING:
BLOG NAME
←ラクリマのハルカ。ノエインの時空もラストにも17歳のハルカは出てたのにラクリマのハルカだけは後姿だったり鼻から下だったりとちゃんと顔が出なかったなーと思い、描...

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99