説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

鉄のラインバレル 第18話

★鉄のラインバレル 第18話 「メメント・モリ」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

前回突っ込みを入れるのを忘れてましたが
タイミング的にどうしても00を思い出すサブタイだな。
OPの桐山は変更無しだけどやっぱり復活なのかな。
アバンの双子は前回に続いてなかなかKYな・・・。
そしてなんだか熱血に共闘してるジャックに吹いた。

今回は絵美を助けに行くためにラインバレルがJUDAを離れ
その間に残ったマキナで防衛に回ることになり
挿入歌までかかって美海などが強い想いを露わにし
戦闘燃え回かと思ったら話重視だった気がするな。

浩一を待っていたのは加藤久崇。
前回、浩一を勧誘したときのように浩一を再び勧誘。
しかし再び浩一はそれを拒否し自分の正義を貫く。
矢島が連れてきた絵美をあっさりと解放し浩一をJUDAに返す。
そのとき何気に重要なこと言いましたよ!?
「妹をよろしく」・・・って絵美と兄妹だったのかーーー!
このことは当然絵美は知らないんだろうなぁ・・・。
久崇が掲げる理想も私欲ではなく、
なんだか妹のためなんじゃないかと思えてくる。
相変わらず憎めない敵の大将ですねぇ。

そんな久崇の想いをぶちこわしの矢島。
なんだか再び死亡フラグが立った気がするよ。
久崇だけでなく絵美にも見破られてるのに
浩一と理沙子を執拗にくっつけようとする矢島は
なんだか可哀想な人に見えてきた・・・。

次回予告、内容が内容のせいか絵美の口調がいつもよりキツくてワロタ。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/2245-fe4a63ca

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99