説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

とらドラ! 第18話

★とらドラ! 第18話 「もみの木の下で」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

あれ、てっきり今回で完結すると思ったら・・・。
確かにこの辺は心理描写が大事なので
そこを長く取ってもらえるのはありがたいんだけど
今度はこのペースで完結できるかの不安が出てくるな。

ここにきて亜美の良さが光ってますね。
亜美が言っていることは実に正論で大人な考え。
そして最も視野が広く見えてるんですよね・・・。
その一方で竜児に甘えるように一からの関係を望む
子供っぽい一面も見えるのが亜美の魅力だと思います。
亜美ほどに感情を押し殺してるキャラは居ないんですよね。
今度、大河とみのりんの考えとかが現れてくるけど
亜美はそんなものは最初っからお見通しだったわけでね。
どうでもいいんですが、体育倉庫で二人っきりで
なおかつ亜美が横になっているとか襲ってくれといっている(ry

大河がクリスマスに固執する理由は多少は語られたけど
後々の大河の想いを考えると切ない強がりなんだよな。
そう、大河本人が語ってるとおりそれは儚い夢で・・・。
しかし今年はあの人と出会ってしまった。
・・・次回は大河のあふれ出した想いの独白が見られそうです。
みのりんは途中から薄々大河の気持ちに気付いているから
最近はぎくしゃくしていたんですよねぇ。

そのみのりんですが今回最大のポカを再び。
楽しいクリスマスムードからの絶望感は異常だな・・・。
原作でもここで再びみのりんに追い打ちかけなくても、と思ったもんだ。
「元通りにはならないよ」に込められた想いは複雑だし
それに対する竜児の返しも次回で・・・。

様々な想いの交錯で盛り上がってきたクリスマス編もおそらく次回で完結。
人間関係がどう変化していくかが見物です。
それと尺的に旅行できるんかなー?
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/2246-142138ac

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99