説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

鉄のラインバレル 第19話

★鉄のラインバレル 第19話 「届く陽(ヒカリ)、暴かれる陰(カゲ)」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

なんというスクライド・・・。
マキナを降りて殴り合う必要性無くね?
というのは男の殴り合いには野暮な突っ込み。
己が意志を貫くためのぶつかり合いはやっぱり良いね。
矢島が死んだ時も本音トークが良かったし。
まぁ、なんだかんだで収まるところに収まったという感じで。
これでまた矢島が庇ったりして死んだら笑えるんだけどな・・・。

JUDAVS加藤機関な戦闘パートはあんまり盛り上がらなかったなぁ。
JUDAの防戦一方で戦闘になってなかったという感じ。
盛り上がったのは後半のラインバレル乱入ぐらいだけど
それも久崇の指令での退却で不完全燃焼だし。
それにしても美海のやられっぷりは凄まじいな。
なんだか毎回やられ役な気がするよ・・・。
恋愛面でも噛ませ犬だし今回も絵美を見つめる美海が不憫で不憫で。

加藤機関は次のステージに進んで決戦の時は近そうだ。
ただマサキがなんだか久崇に不信感を抱いてそうな・・・?
内部分裂までなると話がこんがらがりそうだ。
それとジャックと双子の空気っぷりに泣いた。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/2266-77ab98eb

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99