説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

とらドラ! 第23話

★とらドラ! 第23話 「進むべき道」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

やっぱり竜児とみのりんの会話カットしたのは痛かったと思うんだ。
ヘアピンはマジでこのままスルーしそうだしなぁ・・・。
みのりんが前向きに進もうとしてるのは前回補足されたけど
竜児の足下がフラフラしたままなのがなぁ。
フラフラなりに考えを巡らせてればいいんだけど・・・
この辺は竜児の心理描写が少ないアニメ版の欠点とも言えるよね。
北村との会話で大河が竜児を好きだということを
自分以外はみんな知っていたんじゃないか?という考えも重要だと思うし。

個人的に楽しみだった竜児と亜美のパートは
肝心な部分をカットされてしまってかなりしょんぼり。
「全部なんとかしたい」と思っていたことなんかは
亜美の根が優しい部分を表す良い独白なのに・・・。
2人にはもっと感情的に言葉をぶつけ合って欲しかったね。
亜美の「寂しいよ」とか竜児の「残された俺たちはどうなる」とかさ。

バイトのくだりは尺の都合でかなり簡略化されてる感じ。
大河がバイトを自主的に手伝おうしたのは良い変更点だと思う。
春田は冒頭での会話でフラグがあった通り
彼女を連れての登場・・・クレジットは通行人女子の扱いかな。
能登が麻耶を好きなのがバレバレになるのがこの部分だっけか。
なんだかんだでサクラをしてくれる亜美はホント良い娘だよ・・・。

大河を放置・・・というよりバイトを投げ出して
亜美を追いかける竜児には問題があると思ったけど
一応このシーンはオリジナルで亜美との会話の補足になってるな。
亜美の「(好かれるのが)みんなじゃなくて良かった」で俺死亡。
ニヤニヤすぎるけど過去形なあたりが切ない・・・。
この言葉が出てくる時点で好意を自覚&実質大河に譲ったんだろうね。

最後はお待ちかねの修羅BARへようこそ!なスーパーみのりんタイム!
大河と北村が会話してるときの竜児とみのりんの間が絶妙すぎるね。
言葉はなかったけど竜児の空気を読んでくれという願いと
みのりんのどうして・・・という想いが伝わってきましたよ。
「う・そ・つ・き」は思った以上の迫力、っていうか怖えええ!
みのりんの残念な所は初期からあまり魅力が上がる要素が少ないことだよねぇ。
今回でしょんぼりした人は多そうだ・・・個人的には良かったと思うけど。

大河が逃げ出し、みのりんが追いかけようとする。
竜児はさぁどうする!?という所で終了。
9巻の内容はもうちょっと続くのでここで切ったかーという感じ。
次回はラス前で最も重い話だと思われる話。
サブタイ通りと思っていいんですが色々と・・・ね。
一度家に帰るあたりまでやるのかな・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/2353-e2f4d82d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99