説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

とらドラ! 第25話

★とらドラ! 第25話 「とらドラ!」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

開始早々、高須実家のシーンが大胆カットで驚いた。
でもカットするならあまり掘り下げられていないこの辺だよね。
アニメではやっちゃんとそこまで深刻な言い争いをしてないので
仲直りも割とあっさりしたシーンでも納得できたかな。

それよりも原作で判明していない父親について
やっちゃんの口から語られたことの方が驚きました。
高須性であることの疑問には触れられないのかな?と思ってたら
やっちゃん妊娠→男は女を作ってどこかへ
→周りに反対されつつも竜児出産が真実のようで。
原作もこれと同じとは限らないけど
原作で出なかった答えが一つ出たのは良かった。

ちまちまと実家でのシーンは変わっているんですが
中でも嫁発言したことにより竜児と大河の布団が同じ部屋
という泰子両親の粋な計らいに笑った(笑)
約束はいらないと大河は言ったけれど
結婚式を真似たシーンは王道ながらも良かったなぁ。
その後の初めてのキス、何度もねだる大河で俺死亡。
これでニヤニヤするなってのが無理ってもんでしょう!
原作的に考えるとここでのそれ以上の行為は無いかな。
というか実家の2Fという時点で普通無いよなぁ。

原作と違い大河含んで高須家のアパートに帰宅したので
展開変わるのかと思ったらそういう別れ方か・・・。
竜児的にはやっぱり自分でそれを選択したかっただろうね。
大河の気持ちは「お前の母親も幸せに」と言われた時点で
殆ど決まっていたんだろうな。
それならなおのこと竜児に理解してもらって旅立って欲しかった。
竜児の言うように信用されているからこそ、かもしれないけど。

ここからは殆どアニメオリジナルだけど
竜児が1人帰ってきた(学校へ来た)ことを
みのりんに攻められるのは同じ。というかビンタのおまけ付き。
ゆりちゃん先生もみのりんも何気に青くて良いこと言ってるけど
その後のノリが全てぶち壊しな気がするな(笑)
そういうのも含めてとらドラ!らしいんですけどね。

それはそうと大河の生徒手帳の写真。
原作読んだ時もアニメの時も“2枚目”に気が付かなかったorz
何故か“北村の写真しか持ってない”ような認識だった。
原作10巻では確か回収されてない伏線だよな・・・?
1枚目の写真は北村、2枚目の写真は竜児とのツーショットでした。
あの時、亜美は2枚目の写真を誰かに見られる前に回収したのかー。
この時点で亜美は大河の想いに確信を抱いてたということか。

亜美と言えば大河が居なくなった時の
泣きながらの本音が無くて残念だったけど
亜美のアイデアでクリスマスパーティーの時のツリーの星を持って
クラスメイトの集合写メを送ったり
竜児との2人っきりの会話がまだ用意されてたり
相変わらず優遇されてたから問題なしとしよう。
仲直りの部分は前回出来たようなものだしね。

大人の振りをしていると亜美本人は言うけれど
そういう周りを見て立ち回りしているのが既に周りより大人だよね。
そんな中で子供っぽい部分の
ありのままの亜美を最初に見つけたのが竜児だった、と。
「喩えそれが恋じゃなくたって」で泣きそうになりましたよ。
このシーンでのみのりんのKYっぷりは異常だったぞ(笑)

時は過ぎて竜児達の卒業式。
原作では高校3年生になった所がエピローグでした。
インコちゃんが自分の名前を言ったのが一番驚いた(笑)
10巻でも最後まで言うことはなかった(はず)なのに。
北村はアメリカへ留学。兄貴を追いかけるんだねぇ。
能登が何気に麻耶と良い雰囲気なのは良かったな!

教室に大河らしき姿を見つけ駆け出す竜児。
教室の扉を開けるもそこに大河の姿は無く・・・
ってこの時点でオチは読めたけどな!
本音は気恥ずかしさがあって隠れていたんだろうなと想像しニヤニヤ。
やっと言えた「好きだ」という言葉に対する大河の反応
特に赤面してうつむく仕草が可愛すぎるわああああ!!

ちなみに最後のシーンは1話の最初のシーンと同じ。
ナレーションも同じなんだけど
原作でもこの台詞が意味することは結局曖昧だったなー。
ともあれ綺麗に終われたし最後にニヤニヤ出来たので大満足です!!

総括。

ラノベのアニメ化としては大成功じゃないでしょうか。
原作とほぼ同時に終われたことも良かったし
プッシュされてる環境も恵まれていたと思う。
殆ど原作を忠実にアニメ化出来たことも幸せ。
ヘタに改悪とかされるともうね・・・。

アニメ化して良かった点は声が付いたのと
原作の挿絵になって無いシーンがどうなっていたかわかること。
後半になるほど微妙な心境なキャラが増えていくので
表情の変化は特にアニメ化して良かった部分だと思います。
それと当たり前なんだけど
魅力ある原作がちゃんと動いてるのは嬉しいもんです。

原作からすれば削って欲しくなかった部分もありますが
逆にアニメオリジナルで良かったシーンも多いので
どちらの方が良かったかは一概には言えないと思います。
作品は気になってたけどラノベはなぁ・・・
という人は中には居ると思うので、そういう人にはかなりお勧め。
アニメを見て気に入って原作との差が気になれば
原作も読んでくれたら嬉しいな−。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/2395-75f653ad

コメント

ニヤニヤが止まらなかったです(笑
釘宮病を抜きにしても良作アニメだったと思います。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99