説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

2009/06/02の日記

●日記

「とある飛空士への恋歌」を読了。
発売日ぐらいに買ったはずなのにもう4ヶ月近く経ってるし!
でもこの終わりなら2巻が来月に出る今読み終わって良かったかも。
2月に読んでたら5ヶ月も待つハメになったんだな。
この終わりで5ヶ月とか寸止めすぎるわ。

話としては「追憶」と同じ世界観を共通してるみたいですが
具体的な関連性(時代背景とか)が不明。
追憶の時も世界の謎はもうちょっと知りたかったけど
今度こそはそれに焦点を当てた話でもあるので判明しそうだ。
追憶で評価された淡い恋の物語はまだまだ導入部。
そういう意味でも追憶とはかなり話の構成が違うんですが
受ける印象はあまり変わらないので追憶を読んだ人なら楽しめるかと。

1巻は殆どプロローグに近い話で
肝心のイスラでの生活もこれから!って所で終わり。
最初は義妹となにかしらあるのかなーと思ったら
後半でヒロインが登場して驚いたけど・・・展開は予想通り。
そもそも後半にパっとヒロインを出すような作者じゃないと思うし
なんかこうドロドロ的なものはつきものだと思うしね(苦笑)

事実を知った時のカルの反応を想像すると・・・うああああ。
そういうのを乗り越えてヘタレから成長していくんだろうなー。
「空の果て」と「クレア・クルス」。
ああ、2巻が待ち遠しい!

とりあえず2人の姉ちゃんをください。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/2583-6c61fe9f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99