説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

初恋限定。 第12話

★(終)初恋限定。 第12話 「ハツコイリミテッド。」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

海に沈む夕日を見つけた時の淡い演出がいいなぁ。
海に向かって好きな人の名前を叫んだり
それを意中の人に聞かれて逃亡という青臭い王道展開。
もうとにかく全体的に青春!という感じで。
演出のマッチもありノスタルジックな気分にさせられました。

それにしても小宵だけ相手が居なくてしょんぼりだ・・・。
慧の胸への憧れとか荷物押しつけられとか可愛かったけども。
名央は告白聞いても全然動揺してなくて驚きました。
どばちゃんと並んで5人の中では一番大人ですねぇ。
曽我部への慰め方といい本当に良い子すぎますね・・・。
あゆみと衛のやりとりを見つめる兄二人は複雑そうだなぁ。
慧と悦は最後まで相変わらずだったけど
お互いの気持ちを認めるだけで良かったんですね。

あゆみは選択したのは・・・
って所でEDになったので一瞬ぼかされエンドかと思ったけど
はっきりと衛のことをまだ好きと告白して終了。
操はこの答えが砂浜の時点で想像付いてたし、ベストだと思ってたんじゃないかな。

最後の放課後トークはトリの伊藤静さん!
自ら呼ばれないという自虐ネタを・・・きっと制作費の(ry
最後ぐらいは全員集合して欲しかった気もしますなー。
そんなことよりホットパンツがあああ

原作は割とすぐに読むのを辞めてしまった作品ですが
キャストや音楽や演出と環境に恵まれたアニメ化だった気がします。
ほろりと来たシーンも多かったし、何よりもテーマに沿った作りが良かった。
自分は初恋なんて等に忘れてしまっていたけれども
この作品に触れてそういった気持ちを少しでも思い出すことが出来ました。

もっと個人的な感想を言えば
スフィアと愛生さんにハマれたのはこのアニメのおかげなので感謝しています(笑)
限定少女。がアドリブ全開ならかなり興味あるなー。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/2657-3a7805ac

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99