説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

けいおん! 第13話

★(終)けいおん! 第13話 「冬の日!」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

遂に今週で放送が終わり。
盛り上がりやナンバリング的な最終回は前回だったけど
今回はその後の話なので、時系列としてもラストなのは
蔵ASの番外編とは違う点だよね。
とにもかくにも、TVA放送はこれで終了と寂しくなります・・・。
個人的には1年に1本あるかないかの盛り上がりの作品だったしね。
らじおん!はどこまで続いていくのかなー。
それとハルヒやらき☆すたのように
放送後にどれだけメディア展開していくかですよね。
原作も含めてけいおん!ワールドはまだまだこれからだ・・・!

と締めっぽい言葉を先に持って来ちゃったけど、以下本編感想。


Aパートの醸し出す空気が切なく寂しいこと・・・。
全体的な表情の暗さ、冬、BGMの少なさのおかげで
特に暗い話でもないのになんだかお通夜ムードですよ?
暗い話じゃないのにそんな気分になるとは斬新だな・・・。
そんな中で、唯だけはいつも通りの太陽のような明るさ。
少ないBGMが使われてるシーンは大抵唯が絡んでた気がするし
演出や表情も唯だけいつも通りだから際立ってるよね。
唯の誘いを総スルーされた時も、
そっかーみたいに軽く流せたのは唯だからこそですね。
そういえば、ヒゲはあったけどやっぱりピッチャー返しは無かったorz

唯の誘いをそれぞれ断った理由は
澪は1人で冬の海に行って歌詞を書くため。
りっちゃんは弟と映画を見る約束とラブレター(?)でどぎまぎ
ムギは(おそらく)初めての1人でのバイト
あずにゃんは友人から猫を預かり面倒を見ることになったため。
いつも一緒に居る軽音部がばらばらの映像というのは違和感あるし
それも寂しさを増長する理由にもなってるんだろうなぁ。
唯だけいつも通りなのは、憂とセットだからなのもあるし。

この中でメインはやっぱりりっちゃんでしょうね。
まず、弟居たのか!とか姉弟仲良くて羨ましいな!とかもあるけど
ラブレター(?)の内容が“髪を下ろした”となってるのがポイント。
普段のりっちゃんも可愛いけど、髪を下ろしたギャップがヤベェ。
今までも何回か髪を下ろしてるシーンはあったんですが
今回の場合は本人が猛烈に意識してるところが違いますよね。
ていうか恋愛を意識してる女の子って可愛いなぁ・・・。

ばらばらの中で唯の1つのメールで風向きががらりと変わる。
あずにゃんは猫についてどうすればいいのかわからなくて唯に頼り
徐々に他のメンバーからも返信が来てみんな集まっていくのは
前回の話に続いて、唯が主人公してると感じますよね。
誰もメールの内容に関して返信してないのは笑ったけど(笑)
唯xあずにゃんもやっぱり良いよね、まさに猫が2匹。

ムギのバイト先にりっちゃん、澪と合流していつものノリに。
ムギもバイトで失敗して落ち込んでたけど、
唯のメールやみんなの様子を見て元気が出たようで何より。
謎のラブレターの正体はりっちゃんが自爆する前に澪が暴露。
澪の考えた歌詞にどぎまぎしてたりっちゃん可愛いよりっちゃん。
忘れてる方も忘れてる方だけど、澪も自分ってわかるようにしようよ(笑)
りっちゃんx澪的にはごちそうさまでした妄想が止まりませんが(えー

終わる直前の部室でのやりとりは完全にいつものノリ。
暖かムギに原作では混ざれなかったあずにゃんは混ざれて良かったね。
手が大きくて心が冷たい澪の自虐ネタはあると思ったけど
ムギがショックを受けて、手を冷やそうとするネタがカバーされるとは思わなかった。
最後は“武道館!”なリアル的な意味での伏線を残しつつも
いつものけいおん!らしく終わって最終回じゃないみたいだ。
切なく感じるシーンも多かったけど、最終的にはいつも通り面白かったです。


総括。

と言っても普段の感想がそれなりの長さなので
今更ここでだらだらと語る気はあまり無いのですが−。

放送前から評判が良かったのは知ってたけど
正直、最初はあまり興味はありませんでした。
TBS系が北海道でも地上波やるのは珍しいなーと思ったぐらいで。
1話を見て割とすぐに原作を確保したので、1話にはその力があった。
その時点では中の人にもさして興味があるわけではなかったので
完全にアニメの中に惹かれるものがあったんですよねー。
それは何か?と考えてみると、やっぱり曲とキャラと演出じゃないかな。

潜在的にオタクっていうのは音楽が好きだと思うんですよ。
楽器に憧れがあったり、実際に演奏してる人も多いと思う。
音楽、歌、曲、BGM、etc...
僕らが大好きなアニメやゲームに必ず関わってくるものですからね。
それに噛み合ったテーマと初見で人を惹き付けるOPとED。

そして魅力的なキャラクター達。
こういう言い方をするのはアレなんですが
4人の中で立場や人気的にハズレが居ないのは大きいですよね。
みんな普通に可愛いしオイシイ所を持ってる。
ほら、某○○☆○○の眼鏡なんて(ry<好きな人ごめんなさい
その中でも澪のキャラ的な強さ、受けの良さは凄かった。
視聴していけば他のキャラも魅力的に映るのが良いバランスだよね。
自分も最終的にはかなり平均的になった気がします。
選べと言われれば澪か唯かなぁ・・・。

最後に演出。
これは原作を読んだ後なら、なおさら言えることだと思うけど
原作の話と話の繋ぎ方が絶妙なんですよね。
アニメオリジナルの追加シーンも基本的には良いものばかり。
中の人の演技も手伝って、楽しませてもらってる部分はココですよね。

自己分析してみた結果ですが
けいおん!を好きになった人は概ね同意してくれると思う。
後はこの勢いがどこまで続くかですよねー。
冒頭の内容を繰り返すようですが、個人的にはまだまだ熱は終わらない。
けいおん!ワールドが続いていく限り応援していきたいと思います。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/2691-60a38c17

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99