説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

化物語 第03話

★化物語 第03話 「まよいマイマイ 其ノ壹」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

3話の感想に入る前に。
1〜2話を振り返ったコメンタリー的なあとがたりが面白いです。
やっぱり、あの螺旋階段はイメージ映像だったんだなぁ、とか(笑)
原作と比較したキャスト視点の感想とか
シャフト演出に関して突っ込まれたりと中々に聞き応えがあります。
Webラジオ1回相当の時間があるんですが、お暇な方は是非に。

今回は阿裸々木さんの漫才的な意味でベストパートナーである真宵登場。
予想していた通り、3話構成だとそれなりに余裕があるのか
1回目では真宵の出番は殆どありませんでした・・・
が、高校生とガチ喧嘩という時点でインパクト大だったと思う(笑)
表現に問題があるのか「臭いですっ!(ry」が無かったのは残念。
その後の「水臭いですっ(ry」と暦の突っ込みが好きだったのに。
2回目でも3回目でも素敵な漫才を繰り広げてくれるんですが
キレが一段と増すのは再登場以降なのでご期待を。
というか基本的にはメインの話が終わってからの方がキャラが立つという。

話は前後するんですが、前半のひたぎさん。
原作でも阿良々木さんが長々とモノローグを入れるぐらい
主に胸に注釈して可愛さを表現していましたが
文字上の説明はあったものの初登場のビジュアル。
このビジュアルを見て納得、ひたぎ蕩れーと言わざるを得ない。
それにこの距離の近さは映像で見ると凄いな。

前半は本当にただ2人が会話しているだけなんですが
会話が楽しくて時間が経つのがまったく早いなぁ・・・。
というか今回は全て公園の中だけの話っていうのも凄い。
シャフト演出が無ければ映像的には地味ってレベルじゃないだろう。
1話の螺旋階段然りのこういったイメージ的な軽い演出なら大歓迎かな。
それにしてもマニアックな変態を否定する阿良々木さんではありますが
ひたぎさんのケツとかケツとかに目線行き過ぎで説得力皆無だぞ(笑)

真宵登場後のひたぎの台詞は実は大ヒントだったり。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/2735-8b5d8e61

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99