説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

涼宮ハルヒの憂鬱 第13話

★涼宮ハルヒの憂鬱 第13話 「涼宮ハルヒの憂鬱V」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

最終話直前にして憂鬱解決一歩前。
またもや2話すっ飛ばしてるけど憂鬱の前回が印象的だっただけに問題なし。
今回はやっとこさ閉鎖空間の正式な説明。
更には時系列的には古泉の超能力が初披露。
それとハルヒが自分のことをちっぽけな存在と自覚してから
世界が色あせてしまったと大まかに二つの話が交錯。

ハルヒの世界云々は何とも言えないなぁ。
小学生でそんな自覚をしちゃったら確かに悟っちゃうのも無理もない気はする。
でもハルヒ自体は常識的な考えの持ち主だし非日常を望んでるのも一般的ではあるしね。
後半は閉鎖空間の説明とキョンと古泉のやりとり。
この2人の会話だけで1話作れそうだよなぁ・・・(笑)
閉鎖空間云々よりもこの2人の会話の方が印象的だった罠。

最終話前なんだけど会話中心でまったりした話だったなぁ・・・。
というか残りは憂鬱の解決なのでサプライズが望めないのはちょっと痛いかもね。
今まではランダムな話で色々とサプライズがあったんですけどね。
次回予告は「女子高生」と同じシメかよ(笑)
キョンのやる気のないサザエさん予告は笑った。
そういえばEDのクレジットでハルヒが1人だったり
キョンと古泉がセットだったりと相変わらず芸が細かいね。

○Amazon


関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/280-1ea30590

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99