説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

化物語 第10話

★化物語 第10話 「なでこスネイク 其ノ貮」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

あとがたり「するがモンキー」篇更新。

今回は神谷浩史さんが休みで、代わりに千和さん登場。
千和xみゆきちのヴァルハラコンビでお送りしています。
神谷さんの俺ら目線に近い語り口も好きだったんだけど
話の種が神原なおかげか女の子トークもかなり参考になったな。
惜しむらくはみゆきちがあまりエロキャラに触れなかった所だ・・・!

では本編感想。

前回の感想で「ページに余裕があるから駆け足にならないだろ」
とか言ってたら制作の方に余裕が無かったでござるの巻。
・・・いやまぁ、化は基本バレ前提でネット見てるので
惨状は知っていたんだけどね・・・。
さすがシャフトはひだまりで富士山やっただけはあるな!

というわけで止め絵の多いこと多いこと。
OPと神社でスク水のクオリティを落としていないのは褒めたいけどね(笑)
前半はそうでもなかったから後半タイムアップだったのかなぁ。
アニメの制作の順序は全然わからないんですが
後半の戦闘シーンを先に作れば多少マシだった気がするよ。
自分は原作読者だからこれでも何が起こってるかは十分わかる。
補足説明もあるから未読者がかろうじて
置いてけぼりにならないレベルだった・・・と思いたいですね。
“ららちゃん”とかもちゃんと補足されたしね。

原作と微妙に変わったのが呪い返し云々。
先に消えた蛇=逆恨みした女子が使わした蛇
阿良々木さんと戦った蛇=振られた男子が使わした蛇
っていうのが明確に原作で語られて無かったんですが
アニメではしっかりと呪いが還った方が振られた男子と断定してるよね。
なんで阿良々木さんがそれを断定できたのか?とかさておき
原作は誰に呪いが還ったか生々しくならないようにぼかしたのかなーと。

何故か最後になりましたがOPのクオリティは相変わらずヤバイ。
DVD/CD CMと併せて撫子可愛すぎるだろう・・・。
もうほとんど出番が無いのが悲しいよねー。
と言ってもなでこスネイクではガハラさん、真宵が空気なので
化だけならある程度登場キャラのバランスは取れてるんだよな。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/2891-b16a836f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99