説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

咲 -saki- 第23話

★咲 -saki- 第23話 「本気」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ともきーは最後まで不憫な娘やで・・・。
原作よりは出番はあったけどさ!
普段目立たない人が目立つと噛ませ犬フラグにしか見えなくて困る。
さすがに咲VS久VSモモVSともきーは久が勝つと思ったけど
咲が上位に入賞するためにはここを落とすわけにはいかないんだな。

そんな咲は久のアドバイスを思い出しぷちデジタルへの目覚め。
デジタルというより敢えて牌だけを見るようにして
逆に感覚を研ぎ澄ますみたいな感じでしょうか。
まぁ、これはモモ相手だから効果あっただけと思いたいよね。
ただでさえ嶺上無双なんだからこれ以上能力に頼りっぱになるのはね。
それにしても牌を倒してツモるとは・・・
嶺上に絶対の自信があるのはわかるけど、咲にしては挑発的だな。
やはり白い悪魔の片鱗が(ry

続いての試合は各卓、良い感じに見所にあふれててwktk。
特に藤田プロ曰く部長対決卓の
久VS美穂子さんVSとーかVSかじゅは原作を読んでるときからの
個人的な夢の対決の実現だったのでテンション上がりましたよ!
しかし、再び部長は蒲原ですネタが繰り返されるとは(笑)

試合はさすがに各校トップクラスの実力者同士の対決ということもあり
互いに譲らない攻防が繰り広げられます。
全員が全力で勝とうとしてるのが最も伝わってくる試合でしたね。
強いて言えば、かじゅがかなり地味だったのが残念。
後述するワハハもだけど、鶴賀の見せ場はモモに持って行かれた感じか。
最後の美穂子さんの開眼VS久の悪待ち対決は久に軍配。
ホント牌を弾くの好きだなこの人(笑)
久に直接敗れて美穂子さんも満足だろうな。

和の卓はVS池田VS純VS一。
タコス&まこの卓はVSともきーVSモモ。
まぁ、これらの卓はさして面白いこともなかったので割愛(えー
ともきーは再びモモと戦うことになったのが更にカワイソスだよね・・・。
前者の卓は和の実力が一つ抜けてる感があるので結果は予想通りですね。

咲の卓は新キャラ南浦と咲の直接対決。
咲VS南浦VSワハハVSみはるん。
なんだかみはるんが可哀想になる卓なんですが
順位的には鶴賀の部長であるワハハよりみはるんの方が高いのね。
咲も最初から素足モードで全力全開です。

やはり前の試合同様、カンに対してマークが厳しく思い通り撃てない咲。
そんな状態のまま南場に突入し、南浦のターンに。
とりあえず、ポニテもいいけどロングもいいよねとだけ言っておく(えー
自分で起こした風でリボンが勝手にほどけるって結構ギャグだよな!
南浦は南場での支配を武器に押せ押せモード。
結果的には咲には完全に支配が及ばずカンを許し・・・。
ずっと空気だったワハハが最後に立直してくれて良かったけど
「裏ドラ乗るといいなー」とか楽観的すぎて吹いた。
まぁ、例ごとく嶺上開花乙ということで。
衣戦のトレースにしか見えないのは気にしてはいけない。

結果的には美穂子さんが1位、和が2位、咲が3位。
久は咲に1ポイント及ばず4位でした。
清澄のツースリーは他校から空気読めと思われても仕方ないと思うわ。
帰りの車で涙を浮かべてる透華が本当に可哀想で・・・。
鶴賀は龍門渕ほど悲惨な空気では無かったけど
やっぱりかじゅとモモの関係がぎくしゃくしそうな感じが。

全国行きも決まったことで次回はサービス会かな?
水着回とかやった後なので、あんまりサービスって感じはしないけど。
清澄以外のキャラが登場するのかが問題だ。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/2907-effa9ba8

コメント

【咲-Saki-】 美少女“麻雀”アニメ 第23話「本気」 動画配信開始!
PING:
BLOG NAME
裸足の戦士(?)“咲”、個人戦で全国へ行けるのか? 苦しい展開でも、咲の微笑みは健在!
本格ガールズ麻雀ストーリー“咲-Saki”配信中!
第23話 「本気」 配信中! ...

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99