説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

化物語 第12話

★(終)化物語 第12話 「つばさキャット 其ノ貮」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

続きはWebで!形式ですが
形上はTV放送最終回ということで最終話扱いで。

さすがメインヒロインの貫禄、ずっとガハラさんのターン!
OPもガハラさんだし、何よりキャストが3人だけの最終話って凄いよね。
それだけこの話にガハラさんの魅力が込められてるとも言える。
ひたぎパパは声あるのかなーと思ってたけど・・・
立木さん、何してはるんすか(笑)
これもイメージぴったりだったので文句なしですよ。

話は遡って学校でのイチャイチャ。
基本的に原作には扉絵と表紙絵しか存在していないので
作中でのイメチェンは全て想像に任せるしか無かったんですよ。
・・・デコガハラさんふつくしすぎる!
制服改造って全然イメージ沸かなかったんだけど納得です。

今回は全編に渡り、ガハラさんとのデートというテーマを貫いたので
原作から泣く泣くカットされた部分は今までで一番少なかった気がする。
つまり原作の雰囲気に最も近い話とも言えますね。
暦とひたぎの素敵な会話は本当にいつ見ても楽しい。
声が決まった時は正直不安なキャラ達ではありましたが
この会話を聞いていると、配役がこうで本当に良かったと思う。

・・・と真面目な感想は一端さておき。
僕もガハラさんに太股なでなでされたいお・・・。
それが叶うならお父様同伴ぐらいなんてことない・・・!
寧ろ、マゾの俺にはだがそれがいい。
偽物語でもっとマゾ嬉しいシチュがあるんですが
そのシーンを既読者に聞いても同意を求められなくて切ない。
いいじゃん!ガハラさんになら監禁されたいよ!

オチは原作読者なら、EDがこの曲の時点で予想してた人も多いのでは。
最初に「君の知らない物語」を聞いた時に
真っ先にイメージしたのはガハラさんの星座講座ですから。
そう、完全に予想通りだったもののやはりこのシーンはやられました・・・。
星空がえらい幻想的なのはともかくとして
ガハラさんの全札を晒す姿勢とか恋愛に臆病な部分とか
もう本当にガハラさんの全てが愛しくなるシーン。
泣かないと思ってたけどほろりと来てしまったなぁ・・・。
阿良々木さんは遠慮したけど、僕は毒舌や暴言も欲しいです。

良い最終回だったという言葉が似合いすぎて
他に感想が浮かんでこないですね・・・。
これじゃあ語彙が少ないとガハラさんに怒られてしまいますね。

さて残りはWeb待ちなわけですが・・・いつになるんだろうなー。
その前になでこのあとがたりを待ちわびる日々が始まるお・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/2927-c77ca307

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99