説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

いぬかみっ! 第14話

★いぬかみっ! 第14話 「カッパとオトサンっ!」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

前回に引き続きようこの正体にまつわる話。
ようこの正体が妖狐であることは前回で判明したので
もっと深く掘り下げた話になります。

啓太達はアパートが全壊したので河原でテント暮らしに。
これって法律的にアリなのかどうかはおいといて(ぉ
家だけじゃなく預金とかも一気に消えたみたいで不幸街道まっしぐら。
そんな啓太を移るから近寄るなと足蹴にする宗家様ヒドス(笑)
まぁ、宗家の方も大変なようで、川平家、犬神の敵であり
最大最悪の妖怪、大妖狐の封印が解けかかってるとのこと。
そんな所に啓太が行けば一瞬で封印解けそうだししょうがないか。
その大妖狐の娘が啓太の犬神、ようこ。
それを啓太にカミングアウトするけど啓太は普段と変わらない反応。
ま、この反応は予想通りですね・・・こんなに格好良いのは確かに柄に合わないけど(笑)
二人の信頼関係が改めて認識させられた回でした。
アレ?でも今回裸無かったよな?いぬかみなのに(笑)
EDのテントが哀愁を誘う・・・。

次回はそんな啓太に好機が・・・?!
ようこが啓太らぶらぶーんな感じでいやーんな感じですね(何
予告の仮名さん”覗きは良くないという話である”
絶対間違ってるよ!!1

○Amazon


関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/293-2d15c143

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99