説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 第09話

★生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 第09話 「私の生徒会」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

今回は原作の4-1「読書する生徒会」+2-7「私の生徒会」のお話。
前半は概ね原作通りのやりとりなので置いといて・・・
後半への繋ぎすげぇ不自然じゃね!?
というかわざわざ話を繋げる必要無いと思うんだよ毎回。
何のための原作のオムニバス形式なんだよ・・・。

問題の後半も微妙に改悪されてるしなぁ。
普段傲慢な真儀瑠先生が、あたふたしてるのが良かったのに。
手紙自体も現れ方がうみねこばりに不自然だったぞ(笑)
原作では読み始めた時にアカちゃんが居なかったので
アカちゃん=くりむと思って読むミスリードが面白かったのになぁ。

唯一良かったと思えたのが、知弦さんと奏。
奏のビジュアルは確か初登場だよな・・・?
再会したのもオリジナル展開。
その改変が良かったかどうかは別として
奏にちゃんとした出番が与えられたのは良かったかな。
キャストが戸松で吹いたけど。

次回は6-1「片付ける生徒会」から?
6巻ってもう2部突入してるんですけど!
まぁ、日常会話とストーリーの大筋が殆ど関係無い作品だけどね。
ここまで引っ張るってことは、鍵の過去はラストかラス手前なんだろうな。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/3101-4e1f97b5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99