説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

聖剣の刀鍛冶 第11話

★聖剣の刀鍛冶 第11話 「真実 -Truth-」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

セシリーは頭が堅いけど純粋だよなぁ。
悪魔=忌むべき存在という認識があるんだけど
リサは大切な友人・・・その板挟みで数日苦しんでたんでしょうね。
アリアは自分が悪魔だということをまだセシリーに言ってなかったのね。
この場面で言うのは、一件逆効果に思える事実だけど
戦友であり親友であるアリアの「私は何も変わってない」という言葉が
セシリーの真っ直ぐな心を取り戻させましたね。

株が上がったと思いきや
すぐにいつもの出しゃばりになるあたりもセシリーらしいな(笑)
あんなに人が居る中でシーグフリードに斬りかかるとか後先考えてねぇ!
同席した会議でも感情的にまくし立ててるし・・・。
どうやらそれはシーグフリードの狙いっぽかったけど。

ルークに出て行け!と言われてもめげなかったセシリーは
本当の意味でルークを理解したいと思ったんだね。
リサへの謝罪と情報収集で何かを理解し会議に舞い戻る。
悪魔契約は自分で行うもの、言われてみれば確かに。
ルークはあの瞬間の記憶が殆ど残っていないので
結果とリーザへの贖罪として誤った真実を受け入れてたんだな。
ただのウザいヒロインだと思ってたセシリーが
立派に主人公していたのが感慨深かったな。

そしてなんだかんだでシーグフリードさんご乱心。
ルークへのささやきといい、世界なんて滅んでしまえっていうクチなのかな。
OPの戦闘を再現して終了ってところか。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/3147-a5a1c303

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99