説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

とある科学の超電磁砲 第11話

★とある科学の超電磁砲 第11話 「木山せんせい」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

愛穂先生お久しぶりっす!
あ、アレ?出番これだけ・・・?
まぁ、元々無かった出番が増えて良かったねということで。
超電磁砲的には綴里先生の方がメインだもんなぁ。
ちなみにこっちも出番増加。
でも、壊滅状態っぽかったのに
割とピンピンしてるじゃんという違和感が(笑)

今回は半分が木山とのバトル、半分が木山の過去。
美琴の強さを思い知るのは、寧ろ次回なのでそれはさておき。
木山がどんな能力使ってるかは視覚的にわかりやすくなったよね。
美琴の能力の汎用性の高さはレベルの高さ故なのかな。
後は単純に戦闘経験の差は大きいですよね。
木山は論理的に不意を突くことは考えついたけど
美琴がそういう手段で奇襲してくることは読めなかったし。

木山の過去は超電磁砲最初の鬱シナリオだと思う。
それでも実験後の状態を描写しなかっただけマシか。
アニメで欠陥電気編もやるとすれば
次のこういった描写はそこかな・・・。
それよりも原作でも一番目立ってたデコの女の子が
更に可愛くなった挙げ句に声がしゅがみだった件。
あれ、この子、半年ぐらい前にドラム叩いて(ry
快活な台詞がりっちゃん過ぎて可愛い。
それだけにダメージがキツくなったとも言えるけど。

後は微妙な変更点として、初春が早めに行動中。
っていうか手錠が外されてるから手錠アタックが!
そして話的にしょうがないんだけど
遂に佐天さんの出番が1話まるまる無い回でした・・・。
キャストの最初の欄に3人だけというのが猛烈に違和感。

次回で幻想御手編は完結。
13話オリジナル話、サブタイ的に黒子の活躍に期待せざるを得ない。
あらすじ読んだらスフィアほぼ集合のはず。
これで新キャラ登場であやひーだったら笑うぞ。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/3155-bedcacc3

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99