説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

刀語 第01話

★(新)刀語 第01話 「絶刀・鉋」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作未読。
3巻ぐらいまで買ったんですが手をつけてないんですよね。
読むのなら1ヶ月1冊ペースのリアルタイムで読みたかったなぁ。
当時は西尾作品に触れたことも触れるつもりも無かったので。
まぁ、今でも化物語とめだかボックスぐらいしか読んでないんですけどね。

そんな自分の感覚なのでどこまでアテになるかはわかりませんが
やっぱり西尾作品だなーというのが節々から感じられました。
特に会話。とがめの長い一人ボケツッコミとか独特のセリフ回し。
刀なのに銃という名前の言葉遊びやら
策を練るのが策士、奇策を練るのが奇策士という造語
1話等のメタ的発言なんかはまさにな感じで。

自分は同じ作品を長々と見続けるのが苦手です。
TVアニメの24分前後という時間が一番ちょうどいいんですよね。
それが映画をあまり見に行かない理由だったりします。
故にTVも殆ど見ないしね・・・昔はTVっ子だったんだけどな。
そんな自分でも飽きることなく続きが気になる
まんま西尾作品を読んでいるような感覚で見られる作品でした。
逆に言えば、どうあがいでも西尾作品臭しか無いので
西尾作品が読めない人はやっぱり面白いと感じないと思う。
その点、化はうまくやったんだなーと改めて思いました。

主人公がどことなくDBの悟空っぽいノリだし
めだかボックスよりこっちの方がジャンプに合ってる気がするな。
もう1つの不安要素だった絵もそこまで気にならず。
寧ろ七花格好いいとがめ可愛い。
時代背景的に西尾作品お得意の厨二っぽさが薄いのは良くもあり悪くもあり。
12本の刀のシルエット見る限り油断できないけど(笑)

ともあれ、あまり期待してなかった反動か、かなり楽しめました。
アニメの化物語が初西尾の人が面白いと思うかは微妙ですけどね。
小説の西尾の文を読んで面白いと思える人は楽しめると思う。
ただ、あまりアニメ化したメリットを感じないのも事実ですね。
戦闘シーンがあまり得意でない西尾のデメリットを
視覚化してマシに出来ることと声が付いたぐらいかな?

次回は2月28日(BSフジ)。
月1は録画を忘れそうなのが怖いですね・・・。

あ、ちなみにまえがたり&あとがたりは聞いてないです。
ふと聞く気になったら聞いてもいいかなーというレベル。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/3287-e90cf273

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99