説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

とある科学の超電磁砲 第17話

★とある科学の超電磁砲 第17話 「夏休みのつづり」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

アンチスキル、鉄装綴里の当番回。
とは言え、綴里をクローズアップする理由があまり無いのがなぁ。
美琴達との接点と言えば、AIMバーストの時ぐらいだしね。
綴里のキャラ自体も正直あまり強いキャラでは無いし。
寧ろ、他の先生ズな黄泉川先生や小萌先生の方が目立ってたという。
インデックスさんと姫神を出したかっただけなのかと疑いたくなるぞ。

彼女たちの出番と小萌先生の発言から
17話では上条さんが既に記憶喪失になっていることは確定。
ただ、この時間の流れは17話だけかどうかは不明ですよね。
“つづり”となっているし作中でも日付が変わってるのは確定してるし。
「夏休み中に転校」という初春達の発言は
夏休み中に登校日があるか2学期になってからじゃないとわからないだろうしね。
まー、禁書原作組じゃない自分は時系列とか割とどうでもいいんですけどね。
幻想御手の話を引っ張っていた14話ぐらいまではともかくとして
15、16話と17話がそのまま14話の後の話とは限らない気もします。

今回、最も注目すべきは香菜ちゃん演じる謎の少女ですよね、
ロケットの中の写真はりっちゃん木山の元生徒だろうし
OPからして木山の出番はまだまだありそうだし
それが後半の話に関わってくるんじゃないかなーと予想。

そしてレトロゲー好きの初春ん萌え。

次回はあらすじ見ると黒子メインに見えるけど・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/3292-b9957091

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99