説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

2010/03/04の反応

反応

>ABAYO さん
>聖痕のクェイサー 第08話
>>美由梨さんが燈やまふゆと馴染みすぎててワロタ。
>正直偽者じゃねぇのか?と思いましたね(笑)
>前回といい原作では居ないはずの話に登場したり
>ギャグキャラ化が早まったり(暴走具合もより強烈に・・・)と妙に優遇されてます。

偽物ワロタ・・・が特殊能力な以上、ありえない話では無いのか(笑)
出番が増えてるのは純粋に優遇されてるなー。
スタッフが扱い方がわかってきたからだろうか?
>>DC版では華大活躍の予感、エロス的な意味で。
>送られてきた動画が輪姦の一部始終なんてネタの同人がありそうです(大汗)

あの様子だと本番してない(されてない)気がするので
その辺りがDC版次第で妄想の余地ありそうだ。
>>カーチャが思いの外、華を大事にしてたのはツンデレ でニヤニヤ。
>なんだかんだいってこの二人、お互い大切に想ってますよね。

必要としているというか依存しきってるんでしょうねー。


>地元近くでガンダムUC1話の劇場公開始まってたので見てきました。
原作にノータッチだったこともあり、実は全然情報仕入れてなかったんですよね。
OVAや有料配信ならスルーでもいいかなぁと思ってたけど
調べてみたら、札幌でも劇場で公開してるんですな。
>開始数秒で「ああ、宇宙世紀だな……」と思うくらい、
>平成ガンダムとは明らかに空気が違ってて懐かしさを感じ、
>ジェガン2機がファンネルの餌食になった後の
>スタークジェガンVSクシャトリア戦が熱すぎて初っ端から引き込まれる。
>何なのこの戦闘シーンのクオリティ……。
>かつてここまでカッコいい戦いを見せたジェガンが居ただろうか、いや居ない。

劇場版で見たガンダムはZ3作ぐらいなんですよね。
アレも確かに「あー、これこれ」っていう空気があったので
ガンダム+宇宙世紀は何だかんだ言っても特別に感じますよね。
リアルタイム的に言えば平成ガンダム世代ではありますがー。
とりあえず、見るなら前もってMSを調べておこうと思いました・・・。
>ビスト財団、袖付き、連邦の思惑が絡み合った末のコロニー内外での戦闘も終始高クオリティ。
>この作品のMSって基本的にどいつもこいつも描くの大変なラインしてるのに
>よくここまで……と思わざるを得ない。

こんなことを言えば元も子もないんですが
劇場&スパンが長い作品なのでこなして当たり前のクオリティはありますよね。
実際見たわけじゃないので何とも言えないのですが
そう言われると楽しみになってくるじゃないか・・・。
>そんなMS戦に巻き込まれて悲惨な死に方をしていく市民の姿を見せた上での
>主人公の「こんなの人の死に方じゃないですよ!」っていう台詞は良い感じでした。
>ユニコーンのデストロイモードが起動して終わりとか、2話発売される秋が待ち遠しすぎる……。

ガンダム前半って感じの台詞ですね!
あの赤いモードはそんな名前なんですね・・・
ガンガンでUCの武器とかだけは知ってたり。
>キャラデも程よく落ち着いてて良い感じだし、シナリオも原作を端折ってるせいか
>多少説明不足な部分はあるものの、問題なく引き込まれましたが、
>何より全編に渡ってBGMが素晴らしかった。
>サントラがガチで欲しくなりましたよ。
>音響関係に関してはホント映画館で見て良かったと思いました。

BGMは映画館ならではの臨場感とかはありそうですね・・・。
あまりガンダム作品でBGMを意識したことないんですよねー。
>当初、劇場でBDの先行販売してるといっても
>3月に出るものの定価販売なんて誰が買うんだ?と思ってましたが、
>見終えた後のテンションだとこれは即購入して
>すぐにでも自宅でもう一度楽しみたくなる気持ちになるのも分かるなー。

映画館+BD先行販売と販売戦略は面白いなーと思いました。
DVDじゃあどうあっても映画館に近づくことはできないけど
BDなら環境次第では気分をかなり再現できますしねー。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/3383-995da88b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99