説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

とある科学の超電磁砲 第22話

★とある科学の超電磁砲 第22話 「レベル6(神ならぬ身にて天上の意志に辿り着くもの)」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

初春の能力が判明!
“温度を保つ能力”とな・・・?
予想通り、レベル1なりの対したことない能力でしたとさ。
花飾りの鮮度が落ちないのはその能力のおかげなのか!?
レベルが上がればもっと応用効くんだろうけどなー。
前に言われてた通り、電子機器に関係する能力じゃなかったけど
前回のマーブルチョコとか全然関係無かったんだな!
寧ろ、チョコはテレスの事情っぽい。

初春と黒子の微妙な雰囲気は続いているけど
初春の物言いに遂に佐天さんが注意。
こういう時に佐天さんって空気読んでくれるから素敵だよね。
黒子の方も時間をおいて初春の気持ちも理解してる様子。
やはり黒子の行動理念はジャッジメントでそれが誇りでもあるんでしょう。
感情優先な初春からすれば「なんで疑うの!?」となるのもわかる。
やっぱり、この2人は喧嘩するほど仲が良いタイプなんだと実感。
次回あたりに仲直り&ナイスコンビを見せて欲しいですね。
真面目黒子は壮大な寝ぼけのおかげで吹っ飛んでしまったけど(笑)

予告から予想出来たように木山再登場。
ある意味、美琴達の予想通りで乱雑開放は木山が関係、
原因は秘密裏にカエル医者に保護された木山の生徒達。
子供達を目覚めさせる目処が立ったのはいいけど
目覚めさせようとすると能力が暴走
=結果的に乱雑開放を引き起こすことになるというもの。
あの人体実験がまだフェイクだった上に伏線になってるとはね。
テレスの衿衣が犯人じゃないっていうのは正しかったのね。

しかし、木山の望みは空しく
美琴の後を付けていたテレスに子供達を保護される。
正式な手続きで釈放されてるし、美琴の説得も受けたので
さすがに今回は敵対することはなさそうだけど・・・。
寧ろ、テレスがどうラスボスするかだなぁ。
ストレートに行けば、暴走能力を利用して何かなんだろうけど。
実は木原幻生の意志を継ぐ人物だったとかね。

さて、@2話ですがOPのような能力戦は期待できるのだろうか。
予告はいつも通りの木山&美琴のツッコミは的確だ(笑)
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/3398-f677b4d9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99