説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

こばと。 第22話

★こばと。 第22話 「…さよならの日。」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

やっといおりょぎさんが小鳩の恋愛感情にツッコミを・・・。
春が迫る中、小鳩はよもぎ保育園のことで頭がいっぱい。
それとなくいおりょぎさんは急かすものの、身にならない様子。
痺れを切らしたいおりょぎさんはコンペイトウを集める期限を
延ばしてもらえないか奮闘することに。

どうやら、いおりょぎさんが罰を受けた出来事で小鳩が巻き込まれたっぽい?
だからいおりょぎさんがこんなに小鳩に対して一生懸命なのか。
小鳩の夢には藤本らしき人影、前世の父親とかか?
そうなると恋愛感情を持っていないのも頷けるんだよな。
こう見ると、いおりょぎさんは小鳩の目的や過去を知らないっぽいなー。
とにかく、罪滅しのために小鳩に尽くそうとしてるだけか。

いつもに増して荒れっぱなしだった藤本は
保育園が無くなって自分でも感情が制御できないんだろうな。
清花先生は“縛られていた”と言ったけど
逆に言えばそれだけ関わり、思い出深いだった場所なわけだしね。
藤本の態度を見てると、清花先生に少なからず好意はあったんだろうし
藤本は心底複雑なんだろうなぁ。
事故は完全に入院か死亡かと思いましたよ・・・。
WAといい、最近交通事故のフェイントが多くて困る。

次週は2話放送なので最終回。
最後ぐらい愛生さんの出番無いかなーと思いつつ。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/3423-12cc11b5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99