説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

おおかみかくし 第11話

★おおかみかくし 第11話 「終焉」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

えぇー・・・これで終わりなのか・・・。
正直な所、なんだかしまらないオチだなぁという感想に。
博士がやっと主人公らしく熱い台詞と行動を取ってくれたけど
結果的に決め手になったのは香織さんだしなぁ。
その香織さんだって、結局あの腕は何だったんだとか
賢木の元恋人とは他人の空似だけだったのか
何もわからないまま、賢木を道連れに消えてしまった・・・。
賢木も賢木で姿がうり二つだからと言って動揺しすぎだろう。
最終的に発砲したからまだ不自然では無かったけど
説得→自首とかの流れだったらポカーンだったろうな。

竜騎士先生お得意のアクションもあまり無かったのが残念。
賢木の凶器(拳銃)無双なだけじゃないか・・・。
ひぐらしの部活メンバーVS山狗なノリまでとは言わないから
もう少し、戦闘描写に焦点を当てて欲しかったな・・・。
そういう意味では、眠が捕まった時の眠VS賢木は面白かった。

事件後の淡々とした博士のモノローグもなんだかなぁ。
結局、この作品の見所はどこにあったんだろうみたいな感じで。
今回の最大の見所はデレ眠さんだったな!
というぐらい、Aパートに内容の厚さを感じなかった切なさ。
それとはっさくーはっさくーが流れてるのはシュールすぎるな・・・。

次回は時間軸的にはどうなってるのかな?
けんぷを思い返すと細かいこと考えても仕方ない気がするけど。
予告の時点で既に病気な感じがしていたので楽しみだ(笑)
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/3495-6740254a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99