説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

僕等がいた 第11話

★僕等がいた 第11話 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

好きだからこそ言いたくないという矢野の本音が聞けたのは良かったね。
でも七美の好きだからこそ知りたいってのもごもっともな意見で。
七美は矢野にはぐらかされても笑顔に弱いし
矢野は七美に押されて結局真実を語ってしまったし。
矢野の言い方だとあの三択はどれも間違ってない気がする、三つ目は確定。
受け止めるといった七美だけど予告見たら修羅場今度こそキタコレ!って感じですね(マテ
どうでもいいんだけどぷち修羅場の最中、竹内君がふつーにずっと見てたのが笑えたよ。
竹内君は真実を知ってるからこそ七美に対してあの態度なのかなぁ・・・?
前回、七美が少し竹内君を意識したような描写はあったけども。
やっぱ一番ドロドロになるのは竹内君→七美 山本さん→矢野ですよね!
まだ半分終わっただけだしもっとドロドロ期待してますよー・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/365-b7d6bd1d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99