説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

いちばんうしろの大魔王 第12話

★(終)いちばんうしろの大魔王 第12話 「おしまいは完璧?」 総合評価★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

ポカーンと視聴してたら気付いたら大団円になっていた。
何を言ってるかわからねーと(ry
どういうことなの・・・!

多分、見た人は同じような感想を抱くんじゃなかろうか。
結局、大和は割と良い人だったっぽいし。
阿九斗と大和が勝手に暴走したのを周りが便乗し
その収拾は自同律の力で御都合展開に書き換えてめでたしめでたし。
ざっくばらんに説明すればここ何話かはそんな感じだろうか。
無限ループって怖くね?をやりたかっただけちゃうん(ry

勇者とか神とか出てきたあたりから胡散臭くはなってたけど
もう少しちゃんとした説明があれば違った気がするなぁ。
せめて後1話、出来ればもう1クール欲しかった。
原作続刊だから出せる設定が限られてるせいもあるんだろうけどね。
神がシステム、魔王は神が生み出した自作自演の存在。
それだけ抑えてればまぁ話は理解できるんだけど・・・ねぇ?
無駄に多かった専門用語がなんとかならなかったんだろうかとかそんな感じ。

最終回はけーな以外が空気だったのも惜しいなぁ。
ちゃんと掘り下げれば良いヒロインばかりだと思うのに。
生徒会長に至っては話の流れ的にヒロインの位置に居ないだろ(笑)
あぁ、アルヌールが喋ったのが一番の驚きだったかもしれない。

しかしこれ、原作をどれぐらいなぞってるのかが気になる作りだな・・・。
まぁ、買おうと思えない最終回だったけども。
HJ文庫の今後のアニメ化が大丈夫か不安になるなぁ。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/3706-c71267a3

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99