説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

世紀末オカルト学院 第02話

★世紀末オカルト学院 第02話 「文明の到来」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

やっぱりギャグアニメだコレー!
作中で何回笑わされたかわからんよ。
ちゃんとオカルトしてる場面もあるし
純粋に恐怖を感じるような演出はあるんだけど
最終的にはギャグに落ち着いてる気がするな。
シリアスなギャグに近いけど同じではないような感覚だなぁ。

今回は文明が1999年に来た理由や
1話のアバンのシリアスだった理由が判明。
そして利害が一致したマヤと文明のコンビを組むという
実質的な物語スタートの回でした。

しっかし、マヤと文明(ふみあき)でマヤ文明とか
ノストラダムスの大予言を止められる気がしないな(笑)
というか止めちゃったらタイムパラドックス的に
過去に来ている文明の存在はどうなるんだろうなぁ。
超能力が使えなくなっている理由や
未来に学長居たんじゃね?といいまだまだ謎は多そう。
ソラヲトは謎をバラ巻いておいてあんまり回収してくれなかったので
今作ではちゃんと回収されればいいなぁ・・・。

そういや、前回の感想で触れるの忘れましたけど次回予告ですね。
1999年って言うと、一番音楽を聴いていた年代近辺なので懐かしい。
鈴木あみの「BE TOGETHER」はもう少し前だと思ってたんだけど1999年だったのね。
女性カバーが続いてますが、個人的には男性カバーも楽しみだったり。
GLAYやKinKiはど真ん中だしなー。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/3767-104400f9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99