説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

ZEGAPAIN 第26話

★(終)ZEGAPAIN 第26話 「森羅万象(ありとあらゆるもの)」 総合★★★★★★★ 【公式】【ストーリー

終わったー!
最後はえらくスピード&説明不足な展開だったけど概ね満足。
というかwikiとかに頼らないと解釈が難解なアニメって久しぶりですねえ・・・。

前半はキョウ復活からアビスとの決戦、そして地球を救う作戦。
アルティールとアンチゼーガの最後の決戦は超燃える展開。
シンは最後のシンが消滅、シズノ先輩は作戦のために別行動。
というわけで最後の最後でタイマン対決になるとは。
アビスがキョウを憎んでる様子が人間らしくていいなぁ。
殴り合いは熱かったけどちょっとだけだったのが残念。
しかしここにきてアルティールに裏技:バニッシュメントがまだ残ってるとは思わなかったよ(笑)
舞浜シャイニングオーシャンパンチ!・・・シャイニングロケットパンチですよね(マテ
これがトドメだったらどうしようかと思ったよ。
最後はゼーガの象徴とも言える光の翼でトドメ。
「アビス、戦いの終着駅はここだぁーー!」という熱いセリフで決着。
シンとリョーコの別れの永遠なんて・・・というくだりはよかったなぁ。

一方シズノや他のセレブラント達はデフテラをなんとかするために
クラウドの制御システムに直接アクセス。
セレブラントは結構色々出来るよなぁ・・・・。
デフテラコアを北極のサーバーに打ち込んでデフテラを破壊する作戦。
最初はシズノだけで入ったがシズノの帰りたい!という願いを聞き届けたように
他のセレブラント達が助けに・・・ちゃっかりトミガイやハヤセもいるし。
シズノの制御システム制圧時の黒い翼は時期的にうたわれが過ぎってしまった(笑)
アルティールの翼に対応するようにこちらも翼という意味合いもあるんだろうな。

そして場面が変わり・・・
「そうか、夢なんだ」とか言った瞬間にちょwwww夢オチwwwwかと思いましたよ(;´Д`)
妹やら母親やらいるし・・・あ、この妹の名前(未沙季)がまた色々と想像させてくれます。
シズノ先輩のポジションにミナトが居たりしてマジで夢オチかと思ったけど
ミナトのセリフやら先生達の会話聞いて安心した。
ルーシェンやらメイウーやらが学校の制服来てて笑ってしまった。
シズノ先輩は記憶を失ってるようだけど無事で良かった。
この世界がサーバー内なのか現実なのかキョウの実体があるせいでいまいちわからなかったんだけど
サーバーのループが1年になったということでサーバーがあることは確実。
ゼーガペインもあるしキョウの居る視点だけが現実ってことですかね。
キョウちゃん髪伸びてるし性格統合もあり格好良くなってるな。
ラジオは現実の放送っぽいし人間になれたのはキョウだけじゃないのかなぁ・・・?

極めつけはED後の1シーン。
リョーコが葉っぱの入ったコップの水を飲み干しお腹をさするシーン。
まさか18時台のアニメで孕ませエンド(ry
ということで最終的にリョーコも人間になれたということですね・・・。
このシーンの解釈はwikiにある通りのイェル神のエピソードのオマージュでFAかと。
wiki見てないとこれはただの孕ませきたー!で終わっちゃうんだろうな(笑)

序盤は理解しづらいストーリー進行、迫力のない戦闘シーンでどうなるかと思いましたが
1クール終わりぐらいからの怒濤の展開で毎週楽しみな作品になりました。
量子論スキーなのと悲劇スキーなので展開がツボに入りまくり。
一時期猛烈にリョーコが好きになった時があったなぁ・・・夢に出るぐらい(笑)
久しぶりにあれこれ考えて楽しめるロボットアニメ(厳密には違う気もする)を見れて良かった。
他の展開はドラマCDやゲームやコミックかな?
ドラマCDではTVAで描写出来なかったところとかを聞きたいなぁ。
ともあれ楽しみだった作品が終わるのは非情に残念です・・・。
2クールお疲れ様でした。

○Amazon


関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/381-66107329

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99