説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

戦国BASARA 弐 第07話

★戦国BASARA 弐 第07話 「最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出逢い!」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

幸村ェ・・・。
本当にこんな調子で株復活するのか不安で仕方がないな。
佐助が正論過ぎる。
そして島津との温度差がプラスになるのやらなんやら。
後、武蔵がウザキャラすぎる。

伊達は上杉の次は武田との対峙。
みんな伊達を叱咤激励してるように見えて微笑ましい。
こうしてみると伊達が1人主人公ですね。
慶次 VS 秀吉はどうしても「花の慶次」を思い出すな。
まぁ、そう簡単に行かないんでしょうけど。

何故このタイミングでED変わったのか。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/3862-b84e6db0

コメント

>幸村ェ・・・。
>本当にこんな調子で株復活するのか不安で仕方がないな。
どうも「BASARA3」で描かれてるらしい「武田軍の総大将になってからの挫折」を前倒ししてる感じなんですよね。ここで覚醒成るなら、3期があったとしても信玄に代わり立派に武田を引っ張っていけそうですが・・・
>こうしてみると伊達が1人主人公ですね。
若いながら最初から信玄らと同格なので幸村と比べると完成されてる感が強いですからね。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99