説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

AIR 第12話

★(終)AIR 第12話 「そら -air-」総合評価 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

もうOP前から涙が・・・。
鳥の詩聞いてるだけで涙腺潤んできますよ(;´Д⊂
幸せ(ぬいぐるみ)を2人で掴むところなんかやばすぎ。
なんで、こういう幸せな家族の描写が泣けてくるんだろう。
刻一刻と青空ゴールの時が迫ってくるのを感じるからでしょうか。

「お母さんはゴールだから」
あたりからついにキター(;´Д⊂
もういいよね・・・私がんばったよね・・・
もうゴールしていいよね

。・゚・(ノД`)・゚・。

もうね・・・相変わらず晴子さん(久川綾さん)の熱演がやばすぎ。
後は映像ならではの台詞と回想の照らし合わせとか。

ゴールっ……
うあわあああああああああああああ
青空きたpふぁjklkfさfjljf。・゚・(ノД`)・゚・。

晴子さんの「みすずううううううううう」の後の台詞と
if回想がやばすぎ・・・映像ならではだこれは。
直後の空のインターバルから各キャラのアフターへの繋げ方。
もう神すぎるとしかいいようないなぁ・・・文章力ないからこうとしか(笑)

そらが飛び立ちエピローグ。
どうか…幸せな記憶を
彼らには過酷な日々を
そして僕らには始まりを
さようなら…
再現完璧さすが京アニ。

この場面はAIRの永遠の謎というか解釈が複数あるというか・・・。
少年少女の存在、台詞の謎、往人や観鈴が居るのは何故。等々。
転生云々もパラレルワールド、ループなども関わってくるので
ここらへんは完全に個人の解釈の問題になりますね。
それもAIRの魅力なわけですが。

EDへの入り方やラストが少年少女の手の繋いでるシーンに
変わっているという細かい演出もさすがだ(笑)
気になったといえば晴子さんの涙が多かったり
そらとの別れのシーンのキラキラ演出?(笑)

とにかくパーフェクト・・・素晴らしいとしか言いようがないアニメでした。
今回は映像ならではの回想と台詞の演出とかがかなり秀逸。
何度もいうけどさすが。それが京アニクオリティ。

劇場版「AIR」サウンドトラック
遂に一般販売ー。
劇場版のドンドコ色々な意味での感動をもう一度!(マテ

(追記)
昔に書いた原作の感想を発掘。
そのまま転記しただけですが参考までにどうぞ。
昔の文見たらやっぱり恥ずかしい_| ̄|○

原作AIR感想
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/39-6c18c369

コメント

AIR 第12話 このごろ背中が痛い
PING:
BLOG NAME
● AIR 第12話「そら -air-」。最終話です。 ● 何人かで見たのですが、青空が流れたときに、空から雨かひょうが降ってきました。 ● オカルトじみてますが、神奈(かんな)さまも、空で泣いているのだと思ったバウ。偶然でも、いぬは、こういうの信じちゃいます。 ● 関...

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99