説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

戦国BASARA 弐 第10話

★戦国BASARA 弐 第10話 「復活の若き虎! 改造大要塞・日輪の脅威、東へ!!」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

そうなるとは思ってはいたけど
うじうじ悩んでた割には復活するときは割と迅速な幸村さんでした。
島津が良いキャラ・・・というかお館様と被りますね。
そんな島津が最後の一押しになったのは良かったけどね。
噂になっていた、意外な武将の登場は家康っぽいな。
家康と言えば忠勝や対になる三成だけど彼らも登場するのかな。

相変わらず、筆頭と兄貴は見ていて楽しい。
爆発に巻き込まれる方が悪い・崖を飛び越えられない方が悪い
みたいなチートっぷりを遺憾なく発揮してます。
松永戦も必殺技モードとかで大ジャンプとか飛行すれば良かったんじゃ(ry
足止めオンリーで戦わないとか、松永は本当に食えない奴だなぁ。

決戦モードで盛り上がって来て@2回。
シークレット的な人たちの活躍も気になりますね。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/3916-13993b12

コメント

>噂になっていた、意外な武将の登場は家康っぽいな。
確かにありゃ家康ですね・・・しかも普通に青年期の姿だし。生きていたのはともかく成長してるのはどう説明する気なんでしょう・・・
>爆発に巻き込まれる方が悪い・崖を飛び越えられない方が悪いみたいなチートっぷりを遺憾なく発揮してます。
というか「このくらいでくたばる奴はうちにはいねえ」的なノリなんでしょうね(文七とか名前有りの連中はともかくその他大勢は普通に死にそうな気がしますが)
>足止めオンリーで戦わないとか、松永は本当に食えない奴だなぁ。
まあこいつが真っ向勝負なんてイメージできませんね。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99