説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

祝福のカンパネラ 第12話

★祝福のカンパネラ 第12話 「それぞれの思い」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

いきなりラストダンジョン突入で焦ったものの
ここは俺に任せて先に行け!*2やら
エルタリアに居るトルティア姉妹やパパン達のがんばり
ラスボス戦とRPGの王道展開を素直に行ってくれて良かった。
王道展開に弱い俺は

ミゼはOPで悪役っぽかったけど、寧ろ水車を支えていたのね。
ラスボスはミゼが介入を止め、暴走したエールの固まりのようなもの。
レスターは水車の修復をしているので
RPG風に言えば、主人公無しでのラスボス戦と言った感じか。
先に行け!と言った面々がピンチを救ってくれるのも王道。
そしてエールが想いの力という元気玉理論で形勢逆転。
チェルシーのチートっぷりと何故かワープした剣に吹いた(笑)
ファンタジー全開だから違和感は無いしね。

そういえば、結局レスターが誰ともくっつかないのは予想外。
エロゲ原作アニメで恋仲にすらならない作品はかなり珍しいのでは?
結果的に、そのスタッフの判断は正しかったと思います。
おかげで終始安定したファンタジーRPGらしさを楽しめましたよ。
水着や入浴シーンやアイキャッチなど
萌えアニメとして抑える部分はちゃんと抑えてたしね。
原作の評判はイマイチらしいけど、アニメを見る限りは面白そうなんだけどなぁ。
確かに起伏があまり無かったアニメなので、エロゲだとそこはマイナスなのかな。
原作プレイ済みの方の比較した感想を知りたい所ですね。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/3935-26f0f3fd

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99