説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

地獄少女 二籠 第01話-第13話

★(新)地獄少女 二籠 第01話 「闇の中の少女」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

全体的に豪華になった感じなんだけどやってることは相変わらずだなぁ。
続編と聞いた時から嫌な予感はしてたんだけど
前作の柴田親子がやってたことはなんだったんだろうな(苦笑)
短編で作っていくなら最初から柴田親子を登場させなければよかったのになぁ。
前作に出てきた柴田親子は再び登場させないと1期が無駄すぎる。

話自体は相変わらずの後味の悪さが最高ですね(マテ
前作にも多かったいじめ関係の話をまず1話に持ってくるあたりが特に。
いじめはどう足掻いても後味の悪さがぬぐえない上に
今回はターゲットを地獄送りにした後、仲良くなった友達の使ってたホッチキスが
悪戯された時に使われたホッチキスの芯という示唆もあったからなおさら後味悪すぎ。
そういえば地獄送りの演出(というかコントか)にあいも参加してて笑った(笑)
後、新キャラっぽいのがちらっと登場?普通の人間じゃないような感じはするけども・。

次回は依頼人の中の人に桑島法子さん!
悲劇がやたら板に付く気がするのは確実に土曜6時枠の影響だよなぁ。


★地獄少女 二籠 第02話 「うたかた」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

今作は地獄組のあい以外がみんな藁人形になるんだな。
一目連は何か思うところがあったのか依頼人に率先して関わってた。
他のキャラもだけど地獄組の過去の掘り下げとか期待できそうだな。

今回は話としては異端の部類かな。
最初、電話番号を聞いた男から直接何かされるのかと思ってたよ。
居ないはずの人間の声が聞こえたり勝手にPCや目覚ましが動いたりと
純粋なホラー要素も多く取り入れられてたし。
依頼人自身は酷い目にあってないけど
妹が誘拐されてレイプされたあげくにトランプに詰められて湖にポイッ
とかいきなりキツイ成り行きだな・・・。
最後に依頼人が妹の恨みを晴らした後、妹の捜索を続行する姿がなおさら痛々しい。
基本的に、恨みを返して幸せになれるわけがないんだよな。
これは地獄少女を通してのテーマだと思うんだけども。
だから後味の悪さが残って正解。こういうアニメなんですね。

それはそうと2話にして色々見所が増えてきた。
あいが池に落とした鞠を取ろうとして池に落っこちて
その後に来た一目連に「見てた?」と聞くあいが可愛すぎ。
前作には殆どこういった直接的な可愛げな描写はなかっただけに新鮮。
これはこれでオオアリです。能登さんだし(マテ

最後に地獄送りで爆笑してしまった。何がイヨーだよ!(笑)
後味悪い話で真剣なシーンのはずなのに
どうしても能舞台のような地獄送りはギャグにしか思えなかった(笑)

次回は・・・あおきさやかかー!
地獄少女の起用声優も幅広いよなぁ。
そのうち柚姉とか来ないかなぁ・・・ターゲットが中原麻衣さんか大原さやかさんなら完璧(マテ


★地獄少女 二籠 第03話 「愛しのけいちゃん」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

うん、シアだ(ぉ
でもこの電波ヒロインは新たな境地だな・・・見てて頭痛が・・・。
自分の好きな人のために自分の嫌いな人との恋を応援するなんて
骨女も言ってるけどホント理解できない信条だ・・・。
今までの関係が壊れそうで〜っていうのは常套句ではあると思うんだけど
たえぽんが言ってるとなんでこんなに異常に感じるんだろう。
そもそも恨みまで行ってない段階で地獄通信にアクセスするなよ!て思う(笑)
地獄組の中の人もこんな電波に付き合ってお疲れ様です・・・。
ターゲットも二股や嫌みな性格でいやーなキャラだったけど
結果的に実際したことは二股だけなのになんというか可哀想だ。

枕元にティッシュとか二股相手に押し倒されキスとか
傷つき癒しを求めたけいちゃんを最後まで慰めるたえぽんとか
いつもにまして生々しい描写が多かったなぁ。
普通に考えればけいちゃんが捨てられてそこを癒して役得なはずなんだけど
関係が崩れる、距離が変わると頑なに拒絶する様は異常としか。
自分に尽くしてくれる子に告白してそれを拒否されるとはけいちゃんも思わなかっただろうに。
挙げ句の果てに自分の家の窓からたえぽんの家の窓に移ろうとして
滑って落下して死亡とか救えなさすぎるよ・・・。

地獄送りは真剣なシーンなのに相変わらずギャグにしか見えないのは狙ってますよね?(笑)
それはともかく今回のあいは深爪・・・か、可愛くなんてないんだかr(ry
骨女に接触した少女はちらっと出てきてた新キャラかなぁ。
依頼人のことを執拗に気にしたり一目連のなぁお嬢をことごとくスルーなあいとか
どうも前作より地獄組にウェイトがかかってるというかキャラが立ってきてるというか。

最後は引っ越し先の隣の家にけいちゃん?!
オチが意味不明すぎるんですが・・・病んでてそう見えるだけなのか
けいちゃんの幽霊なのかただ単に似ているだけなのかは謎だ・・・。
けいちゃんがいないんじゃあ・・・と自殺オチを期待したんだけど裏切れた気分だ(苦笑)


★地獄少女 二籠 第04話 「秘密」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

大原さやかさん!
依頼人&ターゲット以外も結構名前知ってる声優が
起用されるから油断できないんだよな(笑)
しかしここで出ちゃったらターゲット:大原さやかは期待できないか、残念(マテ

最近はアクセスする過程を端折ってて
いきなり地獄組がナチュラルに身辺調査してて焦る。
前にも増して現世に馴染んでるよなこの人達。
話自体は今回はありがちだったな。金と恨みは絡みやすいし。
地獄送りの時、ターゲットの顔に穴が空いたのは見てて笑えてきた。
イッペンシンデミル?は顔覗かせて言ってるし(笑)

きくりがついにあいと接触。あいはきくりを知ってそうな感じだけど。
地獄組は誰も面識ないし、正体はなんだろうなぁ・・・。

次回は如何にも今風な依頼人。
こんな軽そうな依頼受けていいのか地獄少女(苦笑)


★地獄少女 二籠 第05話 「地獄への暴走」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

さすが斜め上ストーリーは地獄少女のお家芸だな!
と言わんばかりの斜め上っぷりの話だった。
っていうか依頼人違うくね?!と思ったけどそういう話か。
平行してこの世の中は地獄のように腐ってしまったという輪入道のボヤキ。
オタクの台詞が拙者〜ござるとかだったり依頼人やターゲットが激しくDQNだし
どうなるかと思いきや地獄送り自体はストレートだったな。
あいの「なめんなよ、タコ」にテラフイタ。毎度毎度あいは美味しいな。

結局依頼人だったDQNも次の日に交通事故で亡くなって地獄送り。
オタクは地獄通信利用せずにDQNが消えてラッキー、と。
DQNが片思いしてた子もゴミをポイ捨てとかしちゃってお嬢様でも今の世は・・・
と思わせといて輪入道の注意をすんなり聞いてまだまだ世の中も捨てたもんじゃないというオチ。
きくりが現世に来たのは初めてっぽいし、今作は現世自体キーワードになってそうだな。


★地獄少女 二籠 第06話 「陽のあたる場所」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

さすが斜め上ストーリーは(ry
二籠になって更にパターン増えて飽きさせないのは良いことですけどね。
保健室登校やらストーカー(輪入道曰く追っかけ)行為。
家族との仲はぎくしゃくな少年:颯太とかリアリティありすぎてアレなんですが・・・。
とりあえずストーカー行為が気持ち悪すぎて(ry

地獄通信で名前を送信する前に地獄少女登場はサプライズすぎ。
え?俺まだ送信してないよ?!って感じだっただろうな。
ターゲットや依頼人周辺に必要以上に接触してる気がするんだけどな。
結局ヘタレすぎてあいに振られその間に紀和子が地獄少女に依頼。
ストーカーが再び紀和子に会った時は既に紀和子に刻印がありましたとさ。
ストーカー少年の前に再びあいが現れるものの少年は自分で報復を決意。
自ら地獄へ堕ちる道を選んで終わりと後味の悪さだけは継続だなぁ(苦笑)
紀和子の台詞じゃないけどこの後2人は何を思って生きていくんだろうねぇ・・・。

次回も家族を一人失った家庭が崩壊するという生々しい話っぽいな。


★地獄少女 二籠 第07話 「絆」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

五十嵐麗さんの狂った母親キャラがまんまなのはのプレシアでふいた(笑)
死んだ兄を溺愛=アリシア 妹放置=フェイト だし。
地獄送りの過程も地獄送りの後も救いがなさすぎる。
特にターゲットの最後の狂った姿はまさに狂気だったな・・・。
それと藁人形を人に受け継ぐのは今回初だったかな?
多分今回は妹の本来の気持ちを読み取ったあいの配慮な気がするけど。
しかし兄が依頼→妹が使用まで藁人形(輪入道)は放置プレイですか?(笑)
前作も放置プレイな時もあったし輪入道だけ冷遇されてるような・・・。


★地獄少女 二籠 第08話 「偽地獄通信」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

今回の真犯人はわかりやすかったけど
年代を超えて閻魔あいと関わっている人物は珍しいな。
前作に1人お爺ちゃんが居たぐらいだったかなぁ・・・?
要約すると目上の人も怒りたくて怒ってるわけじゃないんだよ、という話。
今回はストレートすぎてあまり語るところはないなぁ・・・。
地獄組+きくりのコントの方が面白かったぐらいだ(笑)
強いて言えば珍しく救いのあるラストだったかなぁ。
教え子を地獄送りにした重みは一生取れないだろうけど
同じ教え子が水泳教師として慕ってくれたのはこれからも支えになることでしょう。

潜入調査はスタンダードになったし地獄送りも派手さが無くなったし。
次回あたりにまた派手なエピソードが欲しい所ですねぇ。


★地獄少女 二籠 第09話 「あにいもうと」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

とりあえずお約束のこれなんてエロゲ?
兄は妹が好きで妹に言い寄る男に妹渡したくないから
自分が女装をし妹を奪われないようにし
妹は兄の愛やその行動を知りつつ兄が女装をして男を奪うのは
兄の方が綺麗なのに妹に男が出来るなんて許せない!と嫉妬しているから
という斜め上の妄想。改めてみると凄い設定だな。
結局は愛ゆえに糸を解いてしまうけど地獄少女にしては珍しく「切ない」話だったなぁ。
今回は一目連がやる気まんまんだったけど何か理由あるのかなぁ。
2期になって地獄組の出番が増えたし各キャラの掘り下げとかも期待したい。
きくりは輪入道に対する風当たり強すぎ。「きもーい」はさすがに酷いだろ(笑)

次回は前回の地獄少年ばりにネタ回ですか!?


★地獄少女 二籠 第10話 「曽根アンナの濡れた休日」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

どうみてもギャグ回だったけどいまいちインパクトが弱かった気が・・・。
どっからどう突っ込んでいいかわからない回ではあったけど(笑)
曽根アンナこと骨女は休日エンジョイしすぎじゃね!?
というかこんなに現世に入り浸りでもいいのか地獄組。
ダメ男で今回のターゲットの哲郎に振り回された女が集まってくるのも笑えるし
誰が依頼人かと思いきやたまたま車を当て逃げされた青年とは斜め上過ぎます。
地獄送りが久しぶりに凝っていたのは良かったね。
フィルム風の「いっぺん死んでみる?」→フェードアウトの演出はこだわり感じたな。

次回はまともな話っぽいな。
今回でかなり骨女を動かしたからこのまま地獄組よりの話でもいいんだけどなぁ。
骨女が哲朗に惹かれたのは「子犬のような目」だけだったのか気になる。


★地獄少女 二籠 第11話 「遠い隣室」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

いつも以上に地獄組が依頼人の周りを引っかき回しすぎじゃね?
と違和感を感じてたらオチは今までの演出がターゲットに
依頼人の苦しみを味わわせる地獄送りコントだったとは。
ストレートな話かと思いきや一筋縄でいかないのがさすが地獄少女だ。
描写的にも猫を肉塊に〜とか結構がんばってて
これを夕飯の食卓で見てしまった人々は合掌としか言いようがないな(笑)


★地獄少女 二籠 第12話 「黒の轍」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

輪入道のあのヒッチハイクはねーよ(笑)
ちゃんと乗せてあげるあたりが偉いと思う。
この時点では不明だけど、人を殺す前に他人に構ってる余裕あるとは。
地獄送りが無効になったのはこれで2回目だっけ・・・?
前に一度、対象が居なくなり無効になったことがあったような・・・。
1期の記憶はおぼろげなので自信がないんですが。

今回も地獄組総出だったなぁ。
止めるつもりはなかったんだろうけど(輪入道以外)
こうなったらこうなったで地獄組としてはアリな雰囲気だったな。
輪入道の過去がかなり掘り下げられたけどこれ以上はなさげだな。
時代背景察するに江戸あたりの家臣に仕える馬車引きだったんだろうね。
場所も同じで何かしら共感した輪入道自身が依頼人にここまで接触したわけか。
骨女は着物をよく好むし彼女も時代的にはそこまで新しくないのかなぁ。
一目連だけは常に現代ファッションだし加入は新しめ?
他のメンバーの掘り下げも欲しいところですね。


★地獄少女 二籠 第13話 「Vの惨劇」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

地獄送りの一件より
あいやきくりのバイト風景、おでん屋@輪入道への注文の方が
遙かに面白かった件について(笑)
本編はあまり面白みのないストーリーだったからなぁ・・・。
というよりきくりの伏線のための話だったんじゃないかな。
きくりキスしただけで諸物状態の人間が目を覚まし
そのことについて地獄組は何も知らない様子。あいは?
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/394-52244427

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99