説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

DEATH NOTE 第01話-総集編

★DEATH NOTE 第01話 「新生」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ジャンプアニメの猛攻もこれで一段落かな?
多分最も気合いの入ってる作品であろうDEATH NOTE。
さすが日テレが力入れてるだけあって凄いクオリティだ。
ネギま?!もなかなかびっくりしたけどそれ以上に驚いた。
OPとEDがとりあえず素晴らしい。歌はナイトメア。
ビジュアル系な曲がここまでマッチするとは思わなかったなぁ。
OPは月と竜崎が今にもバトルしそうな疾走感が良い(笑)

これも原作から話の順序が少し入れ替わってるけど概ね原作通り。
月の狂気っぷりが最初っから表現されつつ
演出や雰囲気の相乗効果で原作以上のダークさが出てる。
ノートに名前を書くシーンが凄い迫力。
手を振るたびに人をなぎ倒すような演出は思わず笑ってしまったよ。
ビジュアル系もいいけど妖精帝國の曲も合いそうなアニメだよなぁ。

そして最後にアーヤでーす!に思いっきりふいた。
えええええ!なんじゃこれえええ!って感じなんですが(;´Д`)
今までの雰囲気ぶちこわしだな・・・(笑)
平野綾はNANAの時といいなんだか日テレの露出が目立ってきたな。


★DEATH NOTE 第02話 「対決」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

相変わらず魅せてくれるなぁ。
Lの宣戦布告やデスノートに触ったら所有者の死神が見えるという設定
が前後してたりするけど基本に忠実原作なぞり。
リンドの名前をデスノートに書く時のノートが透けて文字が裏から見えるような演出など
毎回ここぞという見せ場で魅せてくれるなぁ。アングルとかも細かすぎです・・・脱帽。
二人の因縁を印象づける台詞
「必ず おまえを捜し出して始末する!!」のくだりも燃えましたよ・・・。

今回初登場のL。OP見れば正体はすぐわかるかな。
しかし姿が出たり直接対決になるのはもう少し先に。
Lは山口勝平さんということでまんまコナンの工藤新一だな(笑)
後は重要なキャラはミサミサ@平野綾のみ。
ミサミサのイメージは平野綾さんまんまだろうなー、全然違和感なさそうだ。

絵的なことを言えばデスノート隠蔽工作はこうしてみるとよりわかりやすいですね。
デスノートはかなり文字数の多い作品で台詞をそのまま台本にしちゃうと
説明台詞も多くなるし理解しづらくなりそう。
その問題点をアニメという媒体で如何にクリアしてくが楽しみになってきた。


★DEATH NOTE 第03話 「取引」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

これは巧い区切り方をしたなぁ。
といっても原作も連載だとこういう区切り方ですけど。
このワンテンポ置いてのライトの繰り返しが狂気に染まりつつも
冷静さを維持しているライト自身を表しているような問答だ。
今回でライトが絶対の自信を持っている理由=父親が警察幹部の事実も判明。
今でも相手の考えていることを推理し一手先を取れるように行動してる2人だけど
直接腹の探り合いになってからの面白さにはやはり適わないな。
このペースだとL正式に登場は2話ぐらい先で
Lとライトの顔合わせは1クール終わりぐらいになりそうだなぁ。

しかし、今までインドアや仕掛けばっかりがメインだったけど
今後はライトも行動範囲を広めてその中でデスノートを駆使して
自分への疑いを背けていく展開が続くからその辺も見所ですね。


★DEATH NOTE 第04話 「追跡」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ちょうど1巻の話が終了。4話=1巻のペースでほぼ進むのかな。
後半じっくり描いて1部の話終わって3クールって形が妥当。
今回はテストのテストがテストになって、テスト(朝刊のアレ)がカット。
これからもこういう回りくどい場面はちまちま削られていくんだろうな。
まだデスノートの応用を模索する段階だし本領発揮はもう少し先。

次回はあっさりレイ・ペンバーを殺すのかと思いきやちょっと面白い展開になりますね。
どうでもいいけど今回月とライトとデートした女の子:ユリは小清水亜美さんでした。
ちょい役なのに?!


★DEATH NOTE 第05話 「駆引」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

遂に月が大きく動く今回。
無意識のうちに仲間を殺しあげく自分も死んだレイ・ペンバー哀れ。
ここで声を思い出すことが出来ていれば少し話は違ったんでしょうけどねぇ・・・。
絶妙に時間をあけ、尚かつその前段階で疑われる要素を完全に排除した月の勝ち。
月自身も言ってますがバスでの行動範囲の特定、事件に居合わせたデメリット。
また山手線内での怪しげ&大きな行動。駅構内に設置された監視カメラ。
など充分証拠になりそうな部分は多いのでその辺のチェックは入念なく。

Lサイドでは潜入した捜査員が全員殺されたFBIが日本での捜査を打ち切り
FBI長官からのタレコミでスパイまがいの行為を警察に対してとっていた
Lに対する不信感も増え一気に捜査官が減り夜神局長含む5人に。
そこでLからの接触。ついにLの素顔が・・・?という所で今回は終わり。
L登場までに結構時間かかったなぁ・・・月との対峙は区切りよく2クール目以降とかになりそうだ。


★DEATH NOTE 第06話 「綻び」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

Lこと竜崎の顔見せ。
竜崎の変人っぽさと特徴のある表情はそのまんまで安心。
そしてやっぱり聞けば聞くほどだらしない工藤新一ってイメージが・・・(笑)
逆にライトは原作初期よりかなりワル顔に見えるんだよなぁ。
後半はこんな感じの表情ばっかりだったけど。

竜崎もライトも「何かひとつ」失念がないかと思案する中
ライトの前に偶然レイ・ペンバーのフィアンセ登場。
フィアンセの名前は間木照子。
彼女はキラがレイと会ってることや心臓麻痺以外で
キラは人を殺せることを推理しキラ=ライトを驚かせた。
名乗った時にリュークが笑ったのはわかりやすい伏線。
といっても次の話には解決されることなので深く考える必要はありませんが。

最初の頃に比べて演出が落ち着いてきたのと高いクオリティ
見事な再現性のせいか突っ込むところが
だんだんなくなってきたのは嬉しいのやら悲しいのやら。


★DEATH NOTE 第07話 「曇天」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

南空ナオミの名前を書くシーンの降雪は原作にもあった演出なんだけど
より臨場感があるというか相沢とすれ違うシーンも自然に見えるし
南空ナオミがデスノートで操られた悲壮感も巧く再現してて見事でした。
ライトが思わずついた嘘が実は将来的には的はずれでもない当たりが笑える。
それにしても相変わらずライトは悪顔過ぎてステキですね・・・。

次回はとうとう監視カメラきたー。
俺はこの辺からデスノート読み始めた口ですねぇ(連載)
監視カメラあたりからライトは身近にLの存在を感じるようになり
徐々にキラVSLの構図が現れてくる起点ですねぇ。
竜崎との出会いまで後もう少し!


★DEATH NOTE 第08話 「目線」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

3巻の内容に突入。
次回はライトと竜崎が初めて対峙するし物語も序盤は抜けたな。
ライトの悔しがる表情が次回見られますな(笑)

基本的に説明台詞と長い思考をカットした構成になってるけど
監視カメラと盗聴器をつけるという結論に達するのに
犯罪レベルの調査を納得させるだけの過程が物足りないような。
うってかわってカメラ設置後の推理の様子は丁寧だったけど。
久しぶりに激しいアングル変化の演出が来てふいた。
なにあのポテチの袋を開ける気合いの入り方(笑)
毎回やったらしつこく感じるだろうけどたまにやるのは良い。
他の演出のパターンも見たいところですけどね。


★DEATH NOTE 第09話 「接触」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ついにキラとLの対面・・・!
さすがに物語のターニングポイントとなる
「運命の出会い」なだけに演出やアングルも凝ってたなぁ。
まぁ、運命と言うより竜崎が故意に接触してきたんですけどね。
印象的なライトの悔しがるカット
「くそっやられた」「こんな屈辱は生まれて初めてだ」
がイマイチだったのがちょっと残念かなぁ。
ここは原作のノリだともっと濃い演出でいいだろ(笑)
その後の笑い声もあんまり狂気さが出てなかったしなー。
帰宅途中の怒りを「溜め」てる様子が良かったから期待したんだけども。

次回から本格的な文字通りなれ合いスタート。
次回だけテニスのおうj(ry
なんか無駄に気合い入った描写とかだと笑えそうだ。


★DEATH NOTE 第10話 「疑惑」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

テニスアニメでもないのにテニスのクオリティが凄かった。
でもこうもうちょっとノートに名前を書いている時みたいな
派手で大げさな演出が欲しかった・・・今ここで使わないと・・・!
それ以外はいつものように長ったらしい会話を多少カット。
さくらTVの場面が統合されてラストに持ってきたりと多少構成が変わってるぐらいか。

さくらTVに送られてきたテープはミサミサ登場の前哨戦。
D/N攻略マニュアルでも言ってるけど次回はやっとこさミサミサ@平野綾の登場。
でも原作通りならほんのちょっとの出番のような・・・。
アフレコ効いてみたらいつもの平野綾ですね、としか言いようが。


★DEATH NOTE 第11話 「突入」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ミサミサ登場なんだけど最後しか出てない上にレムは名前すらでなかったな。
それより主人公のライトの出番がミサミサと同じぐらいで切ないね。
原作でも同じだしライトにミスリードさせるための構成だからしょうがないけど。
ミサミサ@平野綾はまぁなんというか平野綾ですね・・・。
とりあえずは拘束エピソードが楽しみってことで(えー

今回の主役は完全にLサイド。
量咲きも局長も相沢を中心に警察が一丸となりキラに抵抗する場面は
原作でも燃えたけどアニメは緊迫感と臨場感を上手く演出してたね
竜崎が両手に携帯を取るのが例の名前書き演出チックでワラタ(笑)
局長を護衛するシーンはもっと派手でも良かった気がするなぁ。

次回は本格的にミサミサの出番。
そして有名な「駄目だこいつ…早くなんとかしないと…」かな。


★DEATH NOTE 総集編 【公式

って、総集編かーい!
内容的には総集編+キャストの顔出しやらインタビューやら舞台の裏側
レムの名前がまだ出てないのにレムの名前出してますがな(笑)
ライトの中の人が普通にイケメンでふきだした。
アフレコ現場とか見てもなぁ・・・。
まぁ、1回休み(正月ないから実質2回だけど)と思っておこう。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/398-702c93a8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99