説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

2010/12/13の日記

●日記



サクラダリセット」3〜4巻読了。

過去編+短編集

4巻がえらい出るの早いなーと思いきや短編集だったという。
なかなか話が進まないのはもどかしい。
もう少し筆が速かったらそれも気にならないんですけどねぇ。
1年に3巻というペースは個人的には問題無いと思うけど
その3巻で時間軸が全然進んでないというのが問題ですよね。
個人的には2巻が一番好きだったなぁ・・・。
というわけで、早く続きをお願いします、河野先生。

3巻は過去編。
ケイと美空と菫の出会い。
それ共に相馬菫という人物をクローズアップした巻でもあります。
全体的に1〜2巻を補強すると共に、今後の展開の準備というのが強い。
菫の能力と葛藤を知ると、今までのピースが綺麗に埋まっていく感覚は良かった。
後は過去編ということもあり、昔のケイと美空がそれだけで魅力的ですね。
1〜2巻にはない距離感というか、この2人、どうやって一緒に行動するようになったんだ?とか。
ケイの独善性というか行動理念も理解でき、今後の足がかりになるという意味では重要な巻でした。

4巻は短編集。
過去編と1〜2巻の合間にあったSS等など・・・。
詳しい時間軸はあとがきで書かれているので参考に。
SSだけあって、全体的にほのぼのしたノリで危ういような描写は無し。
特に「ある日の春埼さん」は普段美空がどんなこと考えてるかわかって面白い!
出番が無かった野々尾さんの出番&美空との絡みは良いなぁ。
唯一、サクラダと関係無い「ホワイトパズル」は普通にサクラダの外伝かと思いました。
これを見てると、魅力あるキャラをもう少し配置出来れば
サクラダ以外でも普通に書けそうだなー、と思えますね。

5巻は春になるようで。
この作品のターニングポイントになると思うので楽しみです。
個人的には2巻のように能力トリックみたいなのをたくさん見たいんですけどね。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/4152-21fb118f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99