説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

刀語 第12話

★(終)刀語 第12話 「炎刀・銃」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

とがめが右衛門左衛門の炎刀「銃」に撃たれて引いた11話。
1ヶ月待つのは長かった・・・!
結果的には何の救いもなく死んでしまったわけですが
これだけ死に別れのシーンが長く描かれたアニメは珍しいですね。
おそらく原作もこういう構成なんでしょうけど
それを表現出来たのは1時間アニメだからこそですね。
せっかくの感動のシーンに「ちぇりお」が出てくるあたり西尾らしい。
とがめが最後に七花を突き放したのは七花の今後のためだろうし
最後まで良いヒロインでした。

完了形変体刀・虚刀「鑢」の完成かつ
刀を守る、自分を守るという枷の外れた七花は鬼神のような強さでした。
十一人衆はなんとなくロックマンのワイリーステージを思い出した(笑)
死にに来た、問答無用で刀と人を破壊する七花は形はどうであれ
今までの人生で最も自分の意志を優先して動いてたんじゃないでしょうか。
右衛門左衛門との決戦も割と早く決着。
諸悪の根源とも言える、家鳴匡綱を「ちぇりおぉおー!」とトドメを刺し戦闘は終結。
最後の最後でちぇりお&城真っ二つに吹いたわ(笑)

とがめも七花も死んでどうするんだこれ的エンドになるのかと思いきや
傷は負ったものの、七花はピンピンしていて日本地図の作成に精を出す。
隣に居るのはまさかの否定姫。しかもなんかすげぇデレとる!
なんというか、どうしてこうなった状態にもほどが・・・。
七花が全てを想い出に出来たのなら、とがめとの旅も無駄では無かったろうし
実はとがめのことをそこまで嫌いじゃなかった否定姫とのコンビも悪くないのかもしれない。

11話までの盛り上がりからの12話の結末は賛否両論ありそうですが
西尾がキャラ殺すのは知ってる人は知ってるだろうし
ひねているので結末に関してはまぁこんな所かな、と言った所。
終りよければ〜というわけではないんですが
七花が全てを納得した上で否定姫と旅を続けているので良かったんじゃないかなぁ。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/4185-fefffc9d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99