説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

2010/12/31の反応

反応

>常葉 さん
>刀語、以前誰かの感想で見ましたが、まさに大河小説だったのでしょうね。
>彼女の一生を本にしたものが刀語だったと。
>だから、とがめが死ぬのは避けられない必然であったと。
>基本最後は主人公の死亡で終わりますからね、大河ドラマは。
>この結末はまさにそういう理由で引き起こされたものだったのでしょうねぇ……

そういえばナレーションで毎回大河アニメと銘打ってましたもんねぇ。
自分は大河ドラマを通して見たことは無かったと記憶してるんですが
どのようなものかはなんとかなく知ってるつもりです。
刀語も原作/アニメ共々1年で完結だし大きなテーマに全て内包されていたんですね。
(原作も大河ノベルという企画モノだったようだし)

>>刀語最終回
>とがめの死は色々ショックだったけど、
>初期でとがめが命じた制限がなくなったおかげで右衛門左衛門に勝てたと思いますしね。

何かを犠牲にしなければ右衛門左衛門に勝てなかったとして
とがめが生きていたと仮定すると七花は自分の身を捨てた気がしますしねぇ。
ifを言っても仕方ないので、とがめの死は物語として必然だったんでしょう。
>小ネタとしてこれも初期にとがめが禁止した七花の口癖の「面倒だ」をまた口にしているのも興味深いです。
あー、これは完全に忘却してました・・・。
>10人目の誠刀・銓の人は無双状態の七花もさすがに哀れに思ったのか、
>あの人だけ殺さないで気絶で済ませてましたね。

中途半端な強さは身を滅ぼすとはまさにこのこと。
>最後に言えることは、とがめも否定姫も髪を切ったほうが可愛いってことですね。
髪型変化っ娘の変化後の可愛さは異常。異論は認め得ない。
逆なら逆で後の方がいいってなってたような気もします(笑)
>>君に届け 2ND SEASON
>北海道は最速から10日遅れですけど1期のときの1ヵ月半遅れと比べれば可愛いものですよ。

1ヶ月以上の遅れだとある意味あきらめが付くんですが
1〜2週遅れだと妙に悔しくなるのは自分だけでしょうか。
1期より間隔が短くなったのは素直に喜ぶべきことなんですけどねー。
>>傾物語
>秘策士ネタは前巻の猫物語(白)でもあったネタですけど毎回使っていく気なんですかね。

メインキャラの中で羽川が一番下な自分は猫物語の印象は薄かったんだろうか・・・。
撫子以外のキャラはどや顔で言いそうな台詞だ。
>猫物語(白)のように今回は真宵が語り部(主人公)かと思っていましたけど、
>どうにか阿良々木さんが復帰したなあ。

作中でもメタ的に触れられてましたね。
それはそれで10Pぐらいでもいいから見たかったかな。
>真宵の出番が少ないから真宵目当てでこの巻を買うと痛い目に遭う巻でもありますね。
でもここまで化物語シリーズを追ってる読者には満足出来る内容だったと思います。
こういう裏切られた!というのもらしいと思ってしまう。
刀語の感想でもそうでしたが、俺は最近“西尾らしい”という言葉に頼りすぎですかね(苦笑)
西尾作品に触れたことある人にはきっと伝わると思いたい・・・。

>ABAYO さん
>>ちなみにDSスパロボは地味に初だったり。
>DSのやつは「W」も面白いらしいですよ(SEEDアストレイ(流石に絵は戸田泰成氏じゃありません)が
>参戦してるというのが興味深いところです。)

同じくアストレイに釣られて当時買おうかなーとも思ったんですけどねー。
理由は下記のがメインです。
>僕も前からやってみたいと思ってるんですが(ムゲフロと魔装機神も)
>あいにくDS持ってないんですよね・・・

今更DSというのもなんとなくアレですしねぇ・・・。
OGサーガも実はやってないんですよね。
DSを長時間持ってるのが苦手なのであまりDSゲームに興味ないんですよ。
>>スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター- 第13話
>>ヴァイサーガ
>やはりコイツでしたね。
>ウチの12話感想で「アンジュルグがもう1機あるなんてことがない限りヴァイサーガだろう」とは書きましたが
>ネタバレ!!で本当にそういう案もあったと書かれていて噴きそうになりましたよ。

原作ではアンジュルグがどうやって復帰したのか忘却したんですが
確かに常識的に考えると2号機でもない限りすぐ修理なんて無理でしょうしねぇ。
このままずっとヴァイサーガ乗ってるのかどうかが問題だ。
感想は熱い!と言ってて忘れてましたが、ヴァイサーガに乗ってるラミアの違和感が凄いです(笑)
>>特に親分とウォーダンは演出も相まって暑苦しさMAXでした、だがそれがいい。
>今からこの調子だと「武神装攻ダイゼンガー」とか凄いことになりそうですが

わざとアニメ的な演出をされていた部分。
アニメではどういう仕掛けが用意されてるんでしょうね。
1話だけアニメのタイトルが変わったりとかないかな・・・OP変更ぐらいはあるかもですが。
>>正直、他に掘り下げるところあるだろう!というぐらいに。
>>それぐらい拘って描かれたシーンだというのは確かに伝わってきました。
>あの戦闘シーンで今回の脚本はてっきり八房氏だと思ってたんですが竹田裕一郎氏だったみたいですね。
>よく考えたら八房氏の描くキョウスケなら強敵とのタイマンでこそ慎重な戦い方はしそうにないし・・・

言ってみればあの場面あのシーンでは普通の良い演出でしたしねぇ。
勝手なイメージではありますが、八房氏なら何かやってくれそうな印象が。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/4194-336273ab

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99