説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

2011/01/19の日記

●日記

久しぶりにラノベ感想。



ココロコネクト カコランダム」(3巻)読了。

今回は「カコランダム」ということで人の時間が退行するというシチュ。
退行する年齢はランダムでその時の記憶は現代の自分達には無い。
時間退行から戻った時にその年齢の記憶が鮮明に蘇るという副作用があります。
姿が変わるので今までで一番社会的に危険なシチュですが
クローズアップされるのはやはり精神面で、こちらの副作用が話の中心だったかな。

今回のシチュが今までと違うのは“ふうせんかずら”による仕業じゃないことと
太一には時間退行が起こらないと言うこと。
今までは太一にも皆と同じ現象が降りかかって
皆の不安を身を以て共感することが出来たのですが今回はそうもいかない。
太一が手を出せそうで出せないのが読んでてもどかしかったです。
結局は太一の力が必要になるとはいえ、今回はエンジン掛かるの遅かったなぁ。

その代わり今回輝いてたのはやっと出番が来た青木。
青木も過去退行で唯を傷つけたりはしていたんですが
自分の真っ直ぐさを自分の手で取り戻して行動に移す青木は今までで最も格好良かった。
主に青木と唯の問題がぶつかっていたこともあって
今回のMVPは間違いなく青木だったと思います。

今回の引きや4巻のあらすじを見るとそれよりヤバそうなのは伊織ですね。
女性陣は全体的に不安定な娘ばかりでしたが、姫子と唯はほぼ克服。
伊織に関しても太一が救いの手を差し伸べましたが
その太一を想う感情に疑問を抱いてしまえばどうしようもないんじゃ・・・。
4巻は今までに無く重い話になりそうですね。

姫子に触れてなかったので姫子の話。
姫子は2巻で殆ど決着付いてるようなものですからね。
今回は恋する乙女+姫子という強力な組み合わせを実感することが多かった。
想いを隠さずストレートに言っちゃう姫子は本当に強いなぁ。
たじたじな太一や伊織を見ていてニヤニヤが止まりませんでした。
ただこれも、時間次第で姫子が責任感じそうで怖いですが。
精神面の掘り下げは進んできたので、次あたりで一端決着が付くかもですね。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/4231-124c882e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99