説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

とある魔術の禁書目録II 第16話

★とある魔術の禁書目録II 第16話 「刻限のロザリオ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

気が付いたら若本の印象しか残らずイタリア編が終わっていた・・・何を言ってるか(ry
今までで一番何がなんだかわからない・・・という回だった気がする。
OPとEDカットでも詰め込みまくりだった印象。
ビオージオがやりたかったことはわかったんだけど
言ってることと攻撃方法はなんだかよくわからなかったんだぜ!
この類の攻撃は幻想殺しの得意分野な気が・・・。
若本補正で無双な印象だったけど、アレ?ビオージオって実は弱いんじゃね?
上条さんの回避性能スキルが洗練されすぎててやばい。
幻想殺し持ってるだけならともかく
不死身で身体能力が一般人超越してるとかそりゃ世界の敵になりますわ・・・。

本編がごたごたしていて若本の印象が強かったせいもあってか
エピローグなEDの方がメインっぽかった罠。
これが噂に聞く堕天使エロメイドというやつか。
アニェーゼはイギリス清教に保護されたということでいいのかな。

次回は今度こその息抜き回かな?
イタリア旅行とか絶好の息抜きの機会だったのに哀れ上条さん・・・。
初春登場ってだけでテンションが上がるもんですよ!
禁書自体の面白さもこの辺から更に高まってくるらしいので期待。
後は新OPか。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/4257-d6fca67f

コメント

>若本補正で無双な印象だったけど、アレ?ビオージオって実は弱いんじゃね?
やっぱり殴られた時「ぶらぁぁ!」とか「ぶるぁぁ!」って言ってる気がする(汗)
実際小悪党扱いしてるファンも多いみたいで若本氏の声はちょっともったいなかったかもしれません。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99