説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

2011/02/25の日記



おれと一乃のゲーム同好会活動日誌その1 ごく個人的な世界の終わり」読了。

タイトルから日常部活系のラブコメかと思いきや
ページを開いた瞬間に厨二ワードと異能が出てきて
異能バトルモノだったのか!と思ったら全然そんなことはなく
二重で騙されたような気分になりました。
あとがきによると「日常系ラブコメ異能バトル」モノらしいです。
だいたいあってる。

章が細かくぶつ切りスタイルの活動モノは
生徒会の一存シリーズやはがないを思い出した。
細かく一息付いて読めるのでこういう日常系には向くよね。
異能はネタかと思ったらマジだったのがせいぞんとの違いですね。
異能と来れば敵が存在するのは絶対の真理というか鉄則ですが
そういった類いのものがまったく存在しないのは珍しい。
異能が存在し代償が存在するという部分はまさに異能バトル設定なのに。
このことが主人公の宗司とヒロインの一乃を結びつける要因にもなってるし
宗司の良い人ポジを活かすのに良い設定だと思う。
ラブコメありの異能バトルモノからラブコメと会話部分だけを抽出したような作品かな。

黒髪ロングもツンデレも大好きな俺としては一乃が可愛いけど
キリカの銀髪ツイテ無邪気巨乳というのも捨てがたい。
妹のリリス達の出番は2巻に期待かな、こちらも異能持ちっぽいけど。
主人公がテンプレ通り鈍感すぎる良い人なので
毎度同じような話ばかりになりそうなのが欠点か。
ゲーム同好会というのも見せかけでこの設定の利用も最初から破棄してるように思えるし。
ストーリーが皆無なのは賛否両論分かれそう・・・。
とりあえず2巻読んでみて判断してみようと思います。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/4332-69a29046

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99