説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

2011/03/04の反応

反応

>>IS
>親友の妹は一学年下だから、小説でもまだ入学してないんだ……
>しかも入学までに一夏はさらに新キャラとフラグを立てつつあります
ということはやっぱり入学フラグ立ってるのか・・・まぁ、ある意味当然か。
1巻1ヒロイン増加の法則ですね、わかります。

>>君に届け 2ND SEASON
>この作品は起承転結で例えるなら1期が起承で2期がいきなり転で始まった感じですよね。
>風早も1期のとき完璧超人すぎたのが現在の状況のネックなってる感じです。
>とはいえ2期は1期より人間らしさが出ているから1期よりは共感が持てますけどね。

1期の時から散々ため込んだフラグを一気に消化してますねー。
1期の時はなんだかんだで爽子の周りの人間の話が多かったし。
悪いキッカケではありますが、やっと異性として真剣に向き合えるときが来たというか。
>>魔法少女まどか☆マギカ 第08話
>杏子は登場してから回を増すごとに好感が持てるのに対し、さやかは魔法少女になってから回を増すごとに好感が落ちていくね。
>さやかは正義の味方ごっこが自業自得すぎてQBが蜂の巣にされるのと同じくらい可愛そうと感じなかったし。

皆悪意の無い行動ばかりなので個人的にはQB含めて平等じゃないかなぁと思います。
自分の信念を貫こうとするキャラばかりだけど、それが交わることがない人間関係で
可哀想と思うとすればその状況に対してでしょうか。
月並ですが、出会い方が違ってれば友達になれただろうに・・・。
>それにしても8話になっても主人公であるはずの、まどかが魔法少女にならないのは斬新な作品だと思います。
最速放送された9話でどうなったか知らないので道化になる気はしますが(笑)
ここまで来ると最終回で変身or最後までならなくても驚きませんね。

>ABAYO さん
>>とある魔術の禁書目録II 第20話
>>一方さんの怖さを改めて思い知らされました。
>>ここから暗部組織へと身を投じていくのかなー
>上条さんが守るべき物のためなら傷つくことを恐れないのに対し、
>一方さんは人道を外れることを恐れないというところでしょうか。
>”敵にまわすと恐ろしいが、味方ならば心強い”とはいいますが、
>一方さんは味方でもやっぱり恐ろしいと思う・・・

だからこその主人公であり正義なんでしょうね。
一方さんの今後の所属はOP&バレで知ってるんですが
内部で仲間と仲良くやれてるのか心配になります(笑)
特にあわきん男女平等パンチモロに食らってたしなぁ・・・。
>>魔法少女まどか☆マギカ 第08話
>>さやか
>やはりこうなったか・・・上条くんの件は真相はどうあれ最早手遅れ、
>暴走の引き金は世の中への絶望と、何から何まで悪夢過ぎます。

魔法少女になった=上条へ奇跡を祈った時点で手遅れだったのかもしれませんね・・・。
仁美が余計なことしなければこんなに早くこんなことにはならなかったのかもしれないけど。
・・・そう考えると仁美もなんだかQBあたりの差し金に見えてくる罠。
善意のすれ違いがテーマみたいなものだから、仁美はさやかのための行動を取ったんだろうけどさ。
>分岐を暗示させるシーン(分かれ道の真ん中にあるほむらの家、電車でのさやか堕ち直後)があった
>という指摘もされているようで、ひょっとしたらさやかを救えるかどうかがこの先の分かれ目だったのかもしれません。

ある意味、唯一の希望であるまどかを自分から突き放してしまったし
目撃がどうであれ、こうなってしまったのはさやかの選択とも言えるかも。
>>正確に言えば、某作品のようにほむらの主観のみが移動しているように思えてきた。
>ループというか、時間制御なんて無茶な力の代償に元の肉体を失い
>魂だけが正常な時間の流れから逸脱してしまっているという線はどうでしょうかね。
>そしてまどかと同じ時間に存在する自分に憑依しているとか?

そうなんですよね、能動的に行えるなら巨大な力・・・
それこそ宇宙の法則をねじ曲げるような力なのが気がかりですよね。
憑依というのならやっぱりそれは主観の移動に近いですね。
ほむほむが何を願い、その願いによって何が成されたのかが問題か。
時間操作自体はその願いにより得た魔法でしょうし。
>>淫Qβ(インキュベーター)
>とうとう本性現しやがったというか自分の屍骸喰うとか不気味すぎます。
>つーかキュゥ支配者がネタじゃなくなりつつあるような・・・
>ただし虚淵氏は「キュゥべえは黒幕ではない」とは言っているらしいですが・・・

確かにグリーフシードを食べ続けるのは失った力を取り戻すためとも取れますしね。
クトゥルフネタは詳しくないのでその規模で来られると考案出来なくなるなぁ。
虚淵の構図では黒幕に収まって無くても客観的に見ればラスボスの可能性もあるかと。
良い意味で虚淵の発言は信用できないです(笑)

>一 さん
>>タクト21話
>覚悟が決まっていなかったタクトよりも、
>誕生日にカラオケボックスで「私の大切なタクト君の体をこれ以上弄ぶつもりなら今この場で刺す」と
>本気だったワコの覚悟と嫉妬と言う名のリビドーにマドカは負けたイメージが強いや。
>それにしても魔法少女と関係ないこっちのマドカが変身というか一体化するとは思わなかった(笑)。

結果的には楽に倒せましたが、タクトの力をまったく感じなくてしっくりしないですね。
ザメクよろしく、しばらくワコがタクトに力を貸すとかだったら主人公ェ・・・だなぁ。
>タウバーンが負けるのとまどかが魔法少女になるのはどっちが先になるのだろう。
ドロー(タウバーン負け無し、まどか魔法少女にならない)だと面白いんだけどなぁ(笑)
>残るサイバディはタウバーン、ザメク、巫女のサイバディ2体とヘッドの男の1体だけかな。
>バニッシングエージでスパイとか任務で潜入したのではなく雑用係としてダーツで割れたグラスの破片を片付けていたタカシに
>ヘッドと3バカエージが命の危険を冒して復元したりするのかな…。

そういえば数が限られているんでした・・・濃厚なのはシンゴの本格参戦なんでしょうけど。
タカシはこのまま素直にカナコに養われてれば憎めないキャラなのになー。
>>魔法少女まどか★マギカ 第08話
>それにしても「ただの同情で人間やめられるわけないもんね」は強烈でした。
>そしてキュゥべえのまどかは才能があるという言葉は才能の無いさやかにとっては効果抜群でしたね…。
>その後の何でも出来るくせに何もしないあんたの代わりにあたしがこんな目にあっていると言ってしまったさやかは
>もう戻って来れないのだなと思わせられて悲しかったです。

魔法少女という土台に立ってないまどかには痛恨の一撃でした。
まどか自身は自分は何も出来ないまま生きていくとか思っていて
さやかは何でも出来るとまどかを評していて見解の違いがずいぶんあると思った。
後者はまどかが魔法少女になればということを指してるのかもしれませんが。
>「ついてこないで」は魔法少女になる道をついてくるなと解釈するのは流石に無理があり過ぎか…。
さやかの自己嫌悪から単純な拒絶でしょうね・・・。
>ほむらはさやかに対していきなりグリフシードを渡すにしてもやりようがあるだろうにマミさんの時のものを返すとか…
>今までのことを考えればほむらが今度も何かたくらんでるとさやかが疑うのは仕方ないと思うけど。
>「ねえどうしてあなたを助けたいだけなのにどうして信じてくれないの」ってほむらをさやかが信じる要素が
>今までのことを考えたら無いでしょうに。

「どうして」とガチで言ってそうだから困る・・・。
そんな不器用なほむほむも可愛いんだけど、ここでは逆効果でしかない気がする。
何よりも、まどかとさやかのほむほむの情報量の差が多すぎますね。
>「そうやってますますまどかを苦しめるのね」ってほむらもかなりまどかを追い詰めて苦しめているような気がするのですが…
>ここでさやかを手にかけてもまどかが苦しむ事には変わりはないだろ…。

どうせまどかが苦しむなら徐々にでは無く死の悲しみだけ・・・
という思考なんでしょうけど、ここまで考えるほむほむも十分狂気ですよね。
>愚か者が相手なら私は手段を選ばないと言ってずっと冷たい態度をとっていたいたほむらが
>いきなり感情的になって話し出し、急に泣きながらまどかに言ったって怖いだけですよ…。

直前のQBの巧い営業トークを見た後だとなおさらほむほむが滑稽に見えるという(笑)
>私たちはどこかであったことあるのと言う発言の時のノイズとほむらの感情的なこの行動を見ると
>そろそろまどかの魔法少女になってしまうタイムリミットが近づいているのかな。

魔女の九九から9話が1話アバンに繋がる説も強いですしね。
ノイズということはまどかは単純に忘れているだけなのか・・・?
QBすらも別の時間軸の記憶は持ってなさそうなのに。
>この時間軸の人間じゃないねという事はループや平行世界と言う事にするのか…ここらへんは虚淵の腕の見せ所ですね。
ループ説は1話の時点でささやかれていたしやっと本編で触れられましたね。
時間軸云々が本命じゃないのなら、仕組みとかの説明は最低限しかされない可能性もありそう。
>さやかはいつ気付いたのだろうな…この仕組みに…魔法少女が魔女になるという事に。
>手間かけさせちゃって悪いねと言うのは…魔法少女の中で一番自分に近かった杏子に自分を討ってほしいともとれるような…。

何気にスルーしてましたが「他の誰かを呪わずにはいられない」という言葉は
完全に自分がどうなるか理解してる台詞だったんですね・・・やっぱりホストの所なのかな?
よくある自我を保ってるウチに伝えたいことを〜のパターンでしょうか。
>「この国では成長途中の女性のことを少女って呼ぶんだろう、だったらやがて魔女になる君たちの事は魔法少女と呼ぶべきだよね」
>ってキュゥべえは体は白いくせに中身は真っ黒でした…一番重要な事を言ってないもんな。
>そしてコミック2巻の最後のシーンがコミック版キュゥべえだとどういう表情をして言っているのかものすごく気になるよ。

少し前に黒いシルエットに赤い目のシーンがQBの本質が現れてるようでした。
本当に外道なら濁ったらダメと言わなければいいんだし、何か理由があるのかなぁ。
そういえば、2巻ラストは8話ラストなんですね、2巻は中身濃すぎるな(笑)
>そんなのあたしが許さないって次回予告で杏子が言っているのを聞いただけで泣きそうになったよ…。
>あたしってほんとバカとか言って杏子は退場しそうだから次回が怖すぎる。

さやかの死亡フラグはある意味回収したし、やっぱり杏子が次の犠牲者だよなぁ・・・。
最悪と言うのなら、さやかに殺される杏子の姿しか思い浮かばないよ。
>杏子にはキュゥべえをこういう風にしてほしかったですね。
>http://kazumi386.org/~kairo/mmgame/110227.htm
>キュゥべえを蜂の巣にするのは結局新しいのが出てきて意味が無いんだよな…淫キュベーターめ。
>http://3-me.net/flashdir/shootqb/

毎度、時事ゲームネタが事欠かない今日この頃ですね。
バレがデフォなので水曜深夜(木曜朝)のチェックまで回避し続けないと行けなかったり。
>毎回適度に情報を出し予想できるつくりになっていて、
>そこに至る過程の見せ方が凄すぎて初回の視聴は心が痛い事が多いアニメですね。

予想→正解でも予想外でもカタルシスが得られる作品ですしね。
だからこそ出来るだけ初回の情報は本編で知りたくてネタバレ回避必死です。
>そういえばOHPでは上條なんだけどEDの表示やコミックでは上条なんですね。
コミックは気付いて誤植かと思ったんですがEDの表記は気付きませんでした・・・。
>私は使い始めのころは締め付けが強く感じた価格の割りに音質が良いVictorのHP-RX700を1年ほど満足して使っていますが
>ずっと使っているとイヤーパッドが低反発ウレタンで付け心地が良いらしいワンランク上のRX900が欲しくなって来ます。

おぉ、まさかHP話で反応が来るとは思ってませんでした(笑)
しかも自分が興味持っていたRX700についてじゃないですか!
うーん、やっぱりそれを使ってるとコスパ度外視でも上位機種欲しくなりますかぁ。
余裕をあるときに1万クラスの商品に手を出す方が無難かしら。
RX500だけは先に届いたんですが、HP-D7より軽くて付け心地がかなり楽でした。
D7の方が低音の響きと音域の広さを感じるけど、値段差を考えるとしょうがないか。
>音はいいのを聞きたいと思うけどコードの付け外しや音量の調整がめんどうなので
>マルチメディアスイッチの http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0702/13/news029.html
>http://www.sanwa.jp/product/syohin.asp?code=MM-SW1 等を使っているのでHP以外にはお金はかけてないのですけどね。

サウンドボードがアナログRCA出力の音質が良い代物なので
余計なものをあんまり挟みたくないんですよねぇ、分岐も苦肉の策でした。
手元で切り替えは確かに惹かれるんですけどねー。
まぁ、分岐で音質落ちた感じはしないので、SP出力の方にスイッチ挟むのもありかも。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/4349-590e3531

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99