説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

とある魔術の禁書目録II 第21話

★とある魔術の禁書目録II 第21話 「学習装置(テスタメント)」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

アバンから土御門△だけど何が起きてるのかよくわからないんだぜ。
よくわからないと言えば、インデックスはいつの間に活動してたんだ。
ラストオーダーも気付けば回収されてるし・・・
尺の都合なんだろうけど、純粋にアレ?って思う場面はなんとかして欲しかったな。

と、愚痴から入ったものの相変わらず2人の主人公の奮闘が熱い!
上条さんと一方さんの電話は夢の共演すぎます。
「死ぬなよ」「互いにな」が熱すぎて泣きそうになったよ・・・。
一方さんは声の心当たりがあったそうですが
この場面で名乗ったりせず必要事項だけ伝え合う2人が格好良いなぁ。

今回は戦闘シーンよりも会話パートの方が多かったかな。
小競り合いをして移動の繰り返しで移動ばかりしてたイメージ。
そんな中、一方さんはビル吹っ飛ばして統括理事会に八つ当たり。
一瞬何してるかわからなかったけど、地球の自転を利用してるらしいよ!
残り少ない能力使用時間をこんなところで使っていいのかと思ったけど
よっぽどラストオーダーを利用したら彼らを許せなかったんだろうな。
その後、木原の居場所を見つけてビルの窓から突撃。
次回あたりに決着付くのかな?

上条さんは発動したヒューズ=カザキリの元に向かう最中にインデックスと美琴と合流。
俺が止めると当たり前に言ってのける上条さんが格好良すぎて濡れるッ!
美琴はなるほど猟犬部隊を主に相手にするのか。
迷わず上条さんの助けになろうとする美琴も男前だ。
月並ですが、本当に皆格好良くてテンション上がりますわ。
氷華の元にたどり着いた上条さんにヴェントが立ちふさがる。
互いの目的からもこちらもここが決戦になるのかな。

そんな盛り上がりを全て吹っ飛ばすかのような氷華のアヘ顔は吹いた。
いやいや・・・なんだよこのコラ素材になりそうな成コミレベルのアヘ顔は(笑)
次回はこのアヘ顔を垣間見ながら戦闘シーン楽しまないといけないのか・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/4353-f4edbcaf

コメント

>一方さんはビル吹っ飛ばして統括理事会に八つ当たり。
なんか普通にベクトル制御でビル飛ばしてるだけで、自転砲じゃないという声もあるみたいですが、十分とんでもないというか射線上、数百人単位で死んでるんじゃ・・・
>氷華のアヘ顔
悪人面ーズの顔芸とは違う意味で放送禁止モノのような気がする・・・顔に白い液体ついてるとかだったら完全にアウトでしょう(汗)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99